サイトアイコン データで越境者に寄り添うメディア データのじかん

データのじかんとは?

メッセージ

データで、ビジネス、世の中、社会を変えようとしている越境者のみなさまへ

データを捨てよ、未来に出よう。

今、日本では急速にDXが推進されています。ですが、デジタル基盤が整備されつつある一方で、多くの企業に未だに残る組織内部の壁(データに対する理解のギャップ、データ活用への意欲の差、データが変える未来へのイメージの差など)が、有機的なデータ活用を阻んでいます。DXへの最も大きな課題は技術ではないのです。マッキンゼーが実施した2,135名の経営者へのインタビューの結果も、それを証明しています。IT、テクノロジー、データを活かす上で、現状の日本が抱えるもっとも大きな問題は、Technical Problem(技術的課題)ではなく、Adaptive Challenges(適応課題)なのです。

デジタル変革における障壁

デジタル変革における大きな障壁は、技術的なものではなく、
文化、人材、組織の課題

出典:デジタル変革が失敗する要因の割合(マッキンゼーによるグローバル企業2,135名の経営者へのインタビュー)を元にデータのじかんで作成。

またDX、デジタル変革においては、組織内、組織間には様々なギャップがあり、それはプロジェクトの障壁になっているという研究もあります。

文化、人材、組織面の課題の要因

組織の中の関係者間の様々なギャップの存在

出典:永村、内平、佐藤「日本企業のDX関連プロジェクトにおけるアクター間ギャップの考察」日本MOT学会第12回年次研究発表会、2021年3月13日を元にデータのじかんで作成。

今求められる「越境者」という存在

これらの問題は、データサイエンス、技術、MBAなどのフレームワークなど専門知識だけを学んでも、なかなか解決されません。なぜならば、データや技術を使うのも人であり、適応するのもまた、人であるからです。そこに、Adaptive Challenges(適応課題)の壁があります。
重要なのは、企業組織の古い慣習や旧態依然としたビジネスモデルを乗り越えるBoundary Spanner(越境者)の存在です。適応課題が技術ではなく人の問題である以上、組織間における人材の変化がまずは求められており、その変化をリードするキーパーソンとしての越境者が、日本には必要なのです。

 

 

そして、これから越境者になろうとする人々が率先して動きやすくなるよう、データのじかんはデータにまつわる先駆者の実績やさまざまなアイデアを紹介します。より多くの人々が越境者になるために、データという文化の土壌を耕すこと、それがデータのじかんの目的なのです。

 

さあ、今こそ「データの文化」をつくりだそう

データのじかんでは、データサイエンティスト協会の定義するスキルセット(ビジネス課題解決力/データサイエンス力/データエンジニアリング力)に加え、データを文化として捉え直すことが重要だと考えています。
データは単なる数字ではありません。データからは、人やモノやコトの行動や変化、感情や思考の動きなども見て取ることができます。データは、社会や人々の姿を映し出す、ひとつの文化なのです。

データのじかんが目指す提供価値

 

そして、データのじかんは、テクノロジーやデータで、ビジネスや社会を変え、文化をつくりあげようとする越境者のみなさまに寄り添うメディアです。越境者の興味・関心を高める話題や越境者の思考を発信するレポート、あるいは越境者の負担を減らすアイデアや越境者の拠り所となる居場所などを具体的なコンテンツとして提供することで、データのじかんは現状の日本にあるさまざまなギャップを埋めていきたいと考えています。

データ・テクノロジーに振り回されるのをやめて、本質を探るためのアクションを起こしましょう。さまざまな壁を打ち破ろうとするビジネスパーソンの未来を応援すること、それがデータのじかんの目標です。

お問い合わせ

以下の窓口で、「データのじかん」に関するご意見やご要望を受け付けております。
また、資料請求やお問い合わせもお待ちしています。お気軽にお問い合わせください。
datanojikan@wingarc.com