2022年9月29日開催無料セミナー
合計1,000ページ以上の白書を90分で解説!
DX/業務改革/事業に活かす
「白書の読み方/捉え方」勉強会

DX/業務改革に一歩に繋げる「白書の読み方捉え方 勉強会」は、1,000ページ以上に及ぶ2022年版中小企業白書・小規模企業白書/令和3年版情報通信白書/令和4年版情報通信白書を90分の解説を通してDX/業務改革/事業に活かす視点を学ぶ勉強会です。

Share!


「白書」とは?—
日本の中央省庁など政府がある方面について、その現状の分析と将来の展望をまとめ、政治社会経済の実態及び政府の施策の現状について周知させることを主眼とした刊行物。


中央官庁は、毎年、政治社会経済の状況や政策についてとりまとめた「白書」を出しています。2022年9月29日開催のデータのじかんSeminarsでは、このうち今回は内容が面白かった以下の白書について勉強しようと思います。

目先の課題を解決する前に、一度立ち止まって考えてみませんか?

登壇者紹介

大川 真史
ウイングアーク1st株式会社 メディア企画室

IT企業を経て三菱総合研究所に約12年在籍し2018年から現職。専門はデジタル化による産業・企業構造転換、中小企業のデジタル化、BtoBデジタルサービス開発。東京商工会議所ものづくり推進委員会学識委員兼専門家WG座長、東京商工会議所東京の将来を考える懇談会学識委員、明治大学サービス創新研究所客員研究員、内閣府SIPメンバー、Garage Sumida研究所主席研究員、Factory Art Museum TOYAMA DXエヴァンジェリストなど兼務。経済産業省・日本経団連・経済同友会・各地商工会議所・自治体等での講演、新聞・雑誌の寄稿多数。直近の出版物は「マーケティングDX最新戦略」「最新マーケティングの教科書2021」(ともに日経BP社)

タイムテーブル

※適時トピックの間に小休憩が入ります。また、セッションの進捗や参加者との質疑応答により、タイムテーブルが変更される場合があります。予めご了承ください。

09:30-09:35

全体説明

09:35-10:002022年版 中小企業白書・小規模企業白書(590ページ)

2022年版中小企業白書・小規模企業白書では、新型コロナウイルス感染症の流行や原油・原材料価格の高騰等の外部環境に直面する中小企業・小規模事業者の動向、中小企業・小規模事業者のそれぞれが自己変革に向けて、新たな挑戦を行うために必要とされる取組について、企業事例を交えながら分析が行われています。
経済産業省HP|2022年版中小企業白書・小規模企業白書の概要(PDF版)

10:00-10:20令和3年版情報通信白書(454ページ)

令和3年版情報通信白書では、「デジタルで支える暮らしと経済」を特集として取り上げ、我が国のこれまでのデジタル化への取組について振り返るとともに、国民生活、企業活動、公的分野におけるデジタル活用の現状と課題や、コロナ禍で加速したデジタル化による変化について検証しています。
総務省HP|令和3年版情報通信白書(PDF版)

10:20-10:40令和4年版情報通信白書(204ページ)

令和4年版情報通信白書では、「情報通信白書刊行から 50 年~ ICT とデジタル経済の変遷~」を特集テーマとして取り上げ、この 50 年間の ICT 分野の制度、サービス、技術等の変遷を振り返るとともに、今後の日本社会で ICT が果たす役割を展望しています。
総務省HP|令和4年版情報通信白書(PDF版)

10:40-11:00質疑

こんな方に参加して欲しい!

セミナー概要

  • 日時:2022年09月29日(木)09:30~11:00(09:15からアクセス可能)
  • 定員:なし
  • 場所:Zoomで配信するオンラインセミナー
  • 費用:無料
  • 主催:データのじかん(ウイングアーク1st株式会社

お申込みフォーム

セミナーは終了致しました。ご参加の皆様ありがとうございました!
by データのじかんイベント運営事務局

関連記事

人気のカテゴリ