ものづくりDXに立ちふさがる壁を先人はどう乗り越えてきたか
そしてカーボンニュートラルにDXはどう作用するのか
製造UPDATAものづくりDX最前線レポート

製造業界の最前線でDX実践に取り組む企業を招いて行われた2日間にわたるセミナー。初日の基調講演は、過去にupdataNOW21でも、ものづくりDXの現場からの事例を届けていただいた3社による鼎談となった。 企業により実現すべきゴールに違いはある一方、取り組み方や現れる困難に共通性が見られることも事実。三者三様の生の声を通して、DX の壁を乗り越える方法、そして無視出来ない課題となった「カーボンニュートラル」についてダイジェストでお届けする。

Share!

左から
株式会社FAプロダクツ/Team Cross FA プロデュース統括 天野 眞也 氏(ファシリテーター)
横河マニュファクチャリング株式会社 生産技術本部 DX推進部 マネージャー 遠藤 真 氏
旭鉄工株式会社 執行役員 サプライチェーンマネジメント部 部長 DX推進室 室長 黒川 龍二 氏
株式会社ソルプラス 本社事業所 事業所長 菅谷 信義 氏

updataNOW21 登壇企業が語る、ものづくりDXの壁と攻略法。そしてカーボンニュートラルを見据えて

初日の基調講演は、ファシリテーターである天野氏から提示された三つのテーマに沿って進んだ。

【テーマ1】「ものづくりDX」プロジェクト その特徴とは?

まず「デジタル化と DX の違いをどう捉えているか」という質問に対し、横河マニュファクチャリング株式会社 遠藤氏は「すぐ分かる自動化(単純なデジタル化)を ICT、いままでのワークフローが変わること=DX」と回答。

横河電機株式会社のDXプロジェクトの特徴|updataNOW21の登壇スライドより

旭鉄工株式会社 黒川氏もやはり「いままでのワークフローが変わること」を DX だと捉えており、「製造現場が楽になるように導入するが、最初は拒否反応が出る。どうチームをまとめるかが大事だ」と発言した。

旭鉄工株式会社のDXプロジェクトの特徴|updataNOW21の登壇スライドより

株式会社ソルプラス 菅谷氏は「海外と競争していく中で自動化、無人化が大きな課題となった。不良=0を追求する上でも DXを成功させないと勝ち抜けないのではないか」という見解を披露した。

株式会社ソルプラスのDXプロジェクトの特徴|updataNOW21の登壇スライドより

「導入時の抵抗をどうやって突破したのか」という問いに対しては黒川氏の回答が印象的だった。

「デジタルアレルギーをつくらないために、一番身近で便利になる事柄から手を付けることが導入のハードルを下げることにつながる。具体的には西尾工場機械製造部の一課一係に i-Reporter を導入し、手書き作業をペーパーレスに置き換えることから手を付けた。電子入力してしまえば自分で計算しなくても済む。結果は MotionBoard で表示出来る。月に18.6時間あったムダな作業が削減された。これがプチ・ブレイクし他部署にも波及していった。まずは小さな成功事例が必要だ」(黒川氏)

【テーマ2】DX の壁と乗り越え方

遠藤氏が「モデル Y における新技術導入の四つの壁」と題して、横河マニュファクチャリングにおける知見を披露し口火を切った。

続きをご覧いただくには会員登録(無料)が必要です。
ログイン後すべての記事をご覧いただけます。

無料|新規会員登録のご案内

  • ・すべての資料ダウンロードができます。
  • ・無料セミナー参加のご招待。
  • ・メルマガ「データのじかんNews」を受信。

データのじかんNewsバックナンバー

新規会員登録|無料 〉

会員登録済みの方はこちら

パスワードをお忘れの方はこちら

関連記事

人気のカテゴリ