Share!

マーケティング初心者へ楽しさを伝えたい

仕事が楽しくなると生きることも楽しくなってきます。

僕は今、毎日が楽しくて仕方ないんです。データを眺めて「うわ、こんなに効果出るんだったらやっちゃおう」とか「この2つは実は深く関連してるんじゃないか」とか、出てきた疑問を深掘りして誰でもわかるデータ、グラフに落とし込んで伝えていく。さらに成果を出していく。

皆さんにもその体験をしてほしくて、僕は2016年8月に『数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本』(翔泳社)を出しました。読者として想定したのはマーケティング初心者です。会社で「ちょっとweb技術がわかるからweb担当ね」と任せられてしまった人や、営業職だったけれどマーケティング業界に飛び込んだ人って、少なくないと思うんです。そういった、数字を使ったマーケティングが苦手な人でも身近な練習でスキルを上げていける構成にしました。

数字を味方につければやりたい企画が通りやすくなり、成功が重なれば会社に頼られる人間になって、もっと大きな挑戦ができる。身近な疑問からデータ分析は可能です。ぜひデータを使ったマーケティングで、皆さんの人生をさらに素敵にしていってください。

お話をお伺いしたDataLover:植山 周志(ウエヤマ シュウジ)

Dropbox JapanにてGrowth Marketingに従事。
植山周志のぶっ飛びブログhttp://www.shoe-g.com/
2008年より、仕事の傍らビジネスマンに向けたExcelの使い方やプレゼン資料の作り方、数学思考力などのレクチャーを実施。2011年3月にグロ―ビス経営大学院を卒業し、MBAを取得。「世の中に価値あることを提供する」を目指して、日々努力中。1994年からの12年間で、BMX(自転車競技)の国内外の大会にて45回もの優勝経験を持つアスリートでもある。趣味は料理とホームパーティー。 著書に 『数字思考力×Excelでマーケティングの成果を上げる本
「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術』がある。

(PHOTO:Inoue Syuhei 企画・編集:野島光太郎)

<< 一流サイエンティストのスコアを施策に生かせる

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ