Share!

まとめ

今回は、「経済大国」をキーワードにGNPについて掘り下げていきました。今回紹介した内容をまとめると、

  • GDPは、国内のモノやサービスの付加価値の合計金額で「日本の儲け」と言える
  • GDP には、そのままの金額を表す名目GDPと貨幣価値の変化を考慮した上で補正した実質GDPがある
  • GNIは、 国内外にいる日本人の所得の合計金額
  • GNPは、国内外にいる日本人が生み出した付加価値の合計金額
  • 最新(2017年)の日本の名目GDPは約546兆円で世界第3位
  • 最新(2017年)の日本人一人当たりの名目GDPは約3万8千ドルで世界第25位

となります。

なんとなく知っていた知識も多いと感じた人もいるかと思いますが、改めて用語の意味や、構成要素を知ることで、より正確に情報を把握することができます。

今回は、日本のあまり明るくない未来の可能性について触れましたが、未来は私たち次第。また、目の前の仕事でも、広い視野を持って取り組めば、モチベーションも上がるはずです。仕事をこなす中で、国内の情勢だけでなく、世界情勢もしっかり把握し、変化に対応し、また新たな変化を生み出していけば、自分も社会も成長できるのではないでしょうか?

【引用・参考サイト】
三面等価の原則 - Wikipedia
GDPとGNI(GNP)の違いについて - 内閣府
World Economic Outlook Database October 2018 - IMF

(大藤ヨシヲ)

<< 名目GDPは世界第3位の日本。国民1人当たりに換算すると…?

1 2 3

「社会」ランキング

人気のカテゴリ