Share!

COVID-19の流行をきっかけにオンラインで会議やプレゼン、ワークショップを行う機会が増えました。そんななかで注目を集めているのがオンラインホワイトボードツールです。

・スペースの制約なく会議内容を資料化・共有したい
・アイディアや決定事項を図やマインドマップで即座に表現したい
・チームメンバーが今何をしているのか把握しながら作業したい

上記のような思いを抱いたことはある方にオンラインホワイトボードは役立つはずです。
今回はビジネスにおける利用のしやすさから評判の高い「miro(ミロ)」を題材にそのメリットや使い方をご紹介します!

オンラインホワイトボードツール「miro」とは

miroは豊富なテンプレートと使い勝手の良いUIで、多くの人気を集めるオンラインホワイトボードツール。2020年4月に約54億円の資金調達を発表するなど、コロナ禍でさらに注目度を高めています。

登録はサイトからユーザー・メールアドレス・パスワードの3つを入力し、利用規約とメルマガ配信のチェックを入れるだけで完了。「Free」「Team」「Business」「Company」の4プランが用意されており、料金を課金することで編集できるボード数や人数を増やしたり、ボードを高解像度でエクスポートできたり、独自のリモート会議ツールが利用できるようになったりします。とはいえ、閲覧者だけなら人数無制限でチームに追加できますし、ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamsと組み合わせれば無料プランでリモート会議をすることも可能です。本格的にチームでビジネスに使うなら課金は必要になってきますが、まずは「Free」で機能を試してみるのが良いでしょう。

オンラインホワイトボードツールに共通するメリットとして、まず普段の字が汚くても問題ありません(笑)。さらに、手書きではとても表現できない図をテンプレートで簡単に呼び出せます。ペンツールも用意されているため、マウスやApple Pencilでささっと手書きの文字や図を書き込むこともできます。

またmiroではメンバーのアイコンをクリックすることでそれぞれがどこで作業を行っているのかを把握したり、コメントを残してチームメンバーにメンションを送ったりすることも可能です。

このようにオンラインホワイトボードにはオンラインならではの利点が多く存在し、もはや現実の会議で用いられるホワイトボード以上の存在となっています。

1 2 3

Eye Catch Design by C.G.

「ビジネス」ランキング

人気のカテゴリ