Share!

医薬品は、病院で医師より処方箋を処方してもらい調剤薬局で購入する医療用医薬品と、ドラッグストアなどでお店の薬剤師より販売してもらう一般用医薬品(OTC医薬品とも言う)の二種類があります。これは薬事法で決められています。

この医療用医薬品の適正な使用のために病院や医療機関の医療従事者(医師や医療関係者など)を訪問して、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報を提供し、薬効・薬害などの情報を収集するといった業務に携わっているのがMR(Medical Representative:医薬情報担当者)です。

大半のMRは、医薬品メーカーに所属していますが、正社員として医薬品メーカーに雇われるのではなく、医薬関係技術者を派遣する企業(クインタイルズ社やシミック社など)に所属してここから2~3年程度のプロジェクトとして薬品会社へ派遣されるケースもあります。これは、新薬を開発して販売するタイミングでMRが活躍するため、そのタイミングだけMRが大量に欲しいという医薬品メーカー側からのニーズがあるためです。

MRになるためには、医師や看護師、薬剤師など国家資格が必要というわけではなく、公益財団法人MR認定センターで認定資格を取得すれば従事することができます。

MRの職務は、主に医師や医療研究者などを訪問して自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を提供します。その内容は薬剤の技術情報や臨床データ、薬効・薬害などの情報など多岐にわたります。技術的にも高度な技術知識なものも多くあります。

trend_15_図

こうした情報を要望にあわせて提供したり、医療現場からの情報を自社にフィードバックして、製品の開発や改善などに活かしたりします。医療用医薬品の取り扱いは、患者の生命に直接かかわるものなので、迅速かつ的確なコミュニケーション能力が求められます。

MRが取り扱う情報は、膨大な技術文書(英語、日本語など学術的な文書類)を取り扱うことです。これまでは紙による情報提供が主流でしたが、最近は電子文書化されて専用のツールやシステムを利用して職務を遂行しています。

その情報管理には、タブレット型の端末を使うのが常識となっていて、MR専用のシステムやツールを扱うベンダー(最もメジャーな企業はVeeva Systems社など)があります。

次回は、MRが利用するシステムの機能や特徴についてご紹介いたします。

[著]Wingarc1st Official The BLOG編集部
本記事はウイングアーク1st株式会社の運営するThe BLOGに掲載された記事を許可を得て掲載しています。

 

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ