Share!

Share!

本記事は、事実とは異なる記載についてのご指摘を受け、弊社にて事実を確認した上で、掲載内容の一部を下記のとおり訂正いたしました。(変更日:2017/05/30:詳細は記事下部)

2017年5月30日、12年ぶりに改正された個人情報保護法が全面施行されました。これまでグレーゾーンであった、ウェブの閲覧履歴個人が特定できるカメラ画像、顔や指紋の認証データ、DNA、位置情報なども、明確に個人情報と定義されます。ほかにも、取り扱う個人情報の件数に関わらずすべての事業者が対象となるなど、消費者にとっても事業者にとっても重要な改正がたくさん盛り込まれています。

では、何が変わったのでしょうか? インフォグラフィックにまとめてみました。

何が変わった?個人情報保護法

 

いかがでしたか。

個人情報保護委員会のウェブサイトでは法令・ガイドラインのほか、詳しい情報を得ることができますので、これを機にぜひご確認ください。

<参考>
「個人情報の利活用と保護に関するハンドブック」個人情報保護委員会
https://www.ppc.go.jp/files/pdf/personal_280229sympo_pamph.pdf

「知っておきたい!個人情報保護法改正の影響 事業者編(字幕付き動画)」個人情報保護委員会
https://www.ppc.go.jp/personal/pr/movie/pipl_exposition_jigyosha_jimaku/

個人情報保護委員会事務局レポート「匿名加工情報 パーソナルデータの利活用促進と
消費者の信頼性確保の両立に向けて」個人情報保護委員会
https://www.ppc.go.jp/files/pdf/report_office.pdf

本記事は、事実とは異なる記載についてのご指摘を受け、弊社にて事実を確認した上で、掲載内容の一部を下記のとおり訂正いたしました(変更日:2017/05/30)。
「これまでグレーゾーンであった、ウェブの閲覧履歴、カメラ画像、顔や指紋の認証データ、DNA、位置情報なども、明確に個人情報と定義されます。」と掲載しておりましたが、「ウェブの閲覧履歴」「位置情報」は、「個人情報」としては定義されておりません。
個人情報保護委員会の「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)」(P.5、第2条第1項)では、以下のように定義されています。

(1) 当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等(文書、図画若しくは電磁的記録(電磁的方式(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式をいう。次項第2号において同じ。)で作られる記録をいう。第18条第2項において同じ。)に記載され、若しくは記録され、又は音声、動作その他の方法を用いて表された一切の事項(個人識別符号を除く。)をいう。以下同じ。)により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。) (2) 個人識別符号が含まれるもの(2017/05/30時点)

貴重なご指摘に深く感謝申し上げるとともに、皆様に事実誤認により誤った情報をお伝えいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。(データのじかん編集部)

関連記事

学術機関、行政機関、企業などに属する多くの有識者が登壇し、パーソナルデータを個人主導で流通・活用するためのしくみや課題について議論が交わされたシンポジウム「MyData Japan 2017」のイベントレポートはこちらの記事でご覧いただけます。

パーソナルデータ活用の鍵は個人の当事者意識:MyData Japan 2017の議論から