Share!

フィンランド発のテックイベント「Slush Tokyo」が東京ビッグサイトで2018年3月29日・30日の2日間に渡って開催された。データのじかんも現地へ駆けつけ取材を行った。

複数のステージやブースが並ぶ会場を歩くと、予想通りIoT、AR、VR、AIなどをテーマにしたものが多かったが、ブロックチェーンや仮想通貨(または暗号通貨)をテーマとしたものも数多く見受けられ、技術者にとってブロックチェーンというテクノロジーがいかに魅力的かつ画期的なものなのかを裏付けているような印象を受けた。

ブロックチェーン 、仮想通貨、というと多くの人が「ビットコイン」を連想するかも知れないが、実際、仮想通貨はビットコイン以外にも数多く存在する。仮想通貨取引所コインチェックから仮想通貨の1つであるNEMが大量に盗まれたことは大きなニュースとなったが、それ以外にも、イーサリアムやライトコインなどの仮想通貨がよく知られている。その中の1つにリップル社が開発したXRPという通貨がある。仮想通貨に馴染みのない方にはそれほど知名度は高くないかも知れないが、ビットコイン、イーサリアムに次いで、時価総額3位の仮想通貨だ(2018年3月現在)。

Slush Tokyo 2018にはリップル社でCTOを勤めるステファン・トーマス(Stefan Thomas)氏を始め、リップル社の他のメンバーも多く参加していた。中でも、リップル社の暗号技術責任者(Chief Cryptographer)デイヴィッド・シュワーツ(David Schwartz)氏(通称Joel Katz)が行なった「価値のインターネット (Internet of Value)」と題されたXRPに関するプレゼンは熱のあるもので、非常に興味深い内容となっていたので、その内容を紹介したい。

1 2 3 4

「テクノロジー」ランキング

人気のカテゴリ