Share!

Share!

サプライチェーンマネジメント「SCM(Supply Chain Management)」はコスト削減と事業拡大を目指す企業に注目されているツールです。SCMを導入することで供給の無駄を省き、最適化することを目的としています。 まず1つの商品を製造し消費者に届けるためには、メーカー、物流業者、小売業者などさまざまな企業が関わっています。この意思疎通をスムーズに行うことにより、不要なコストや手間を削減することが可能となります。

ユニクロが成功をつかんだワケ

SCMは製造小売業界で注目を集めています。特に在庫コスト、消費者ニーズの変動、物流コストなどにおける課題を抱えている製造小売業界では、SCMを導入することで、これらの課題に対処することができるようになります。たとえば在庫が大量にあると、消費者ニーズが変動しても、その在庫を売り切るまでは新しい商品の販売を拡大できません。それに対し、SCMで適正な在庫管理ができると、方針を柔軟に変更できます。 消費者ニーズの移り変わりの激しいアパレル業界を中心に、SCMの導入が進んでいる背景には、こういった製造小売業ならではの理由があるのです。 近年、アパレル業界で急速な成長を遂げた企業としては「株式会社ユニクロ」が挙げられます。ユニクロの特徴は何といっても上質な商品を低価格で購入できる点です。 ユニクロが成功をつかんだ理由には、SPAが大きく関係していると言えるでしょう。SPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)とは「製造小売業」を指す言葉で、商品の企画・製造・物流・販売を一貫して行うビジネスモデルです。これまでさまざまな業者が関わることによって成り立っていた一連の流れを自社で統一管理したことで、時間とコストを軽減することに成功しました。当時画期的だったこの手法は大当たりし、2000年代、ユニクロは一大ムーブメントを作り出しました。

アパレル業界の今後とは

アパレル業界の今後の成長のためには、情報の収集と分析、そしてその効果的な活用が必須となってくるでしょう。顧客のニーズを的確につかみ、いち早く反応することがアパレル業界で成功するためのカギとなります。 そのためにはSCMによる物流フローの最適化を進めると共に、情報管理の手法を確立させることが重要となります。またアパレル業界全体の流れをつかむだけでなく、個人が発信するトレンドにもアンテナを張っておくと良いでしょう。特にSNSを活用したサービスは若者を中心に爆発的な成長率となっています。これらの新しいサービスや情報を積極的に取り入れることで、独自の成長を遂げることができるはずです。