Share!

セルフマネジメントは自己管理や自律という意味があります。セルフマネジメント能力は自分や自社の力で課題を解決に導き目標を実現する力を指し、そのような体系をとっているタイプの会社を「セルフマネジメント型企業」と表現することもあります。セルフマネジメントを会社内で鍛えることで、自社の能力を伸ばしリスクに強い会社にすることができ、リスクやトラブルの対処が自社できるようになれば、仕事の効率化につなげることができるのです。また、セルフマネジメントを繰り返すことで会社やサービスの方向性を見定め、目標を達成する力を強化することもできるようになります。

セルフマネジメントのメリット・デメリット

トラブルが発生した時に、外部に処理を依頼すると、会社内に社外の人を出入りさせる回数が増え、情報漏洩のリスクを上げる可能性があります。セルフマネジメントを強化することで、自社内のトラブルや情報が外部に漏れる可能性を極力抑えることができます。また、自社で対応することで外部に依頼するよりも、対処が早くなるメリットがあります。問題を明確にし、解決方法を見い出して対処していくことはトラブル以外に仕事の目標の達成にも活用することができます。セルフマネジメントのデメリットはトラブルが専門性の高いものの場合、対処するまでに時間がかかってしまうことです。ときには早期解決のために自社で解決できないトラブルに関しては、外部に委託する必要も出てきます。しかし、時間がかかってもセルフマネジメントをしていくことで、自社を強く盤石な会社にすることができることを覚えておきましょう。 

セルフマネジメントの考え方

セルフマネジメントはさまざまな場所で採用されており、主に考え方が大切だとされ、多くの講習が行われています。セルフマネジメントを行うためには、自分や自社が抱える目標を取り決め、それを解決するために立ちはだかる問題を明確化します。問題を解決するためには、どのスキルが必要で解決する時間はどの程度かかるかを予測し問題に取り組みます。もし目標に達しなかった場合は、初めに戻り手順を繰り返すことでセルフマネジメントできる力を徐々につけていきます。繰り返し行うことで、トラブル対処や目標を達成する力と同時にセルフマネジメントの考え方が個人や会社全体の身に付くはずです。セルフマネジメントを活用して、強い会社を作っていきましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ