Share!

日本では「若者のビール離れ」などと言われ、ビール消費量が減っているイメ―ジがあります。キリンが調査したデータによると、2016年の世界の国別一人当たりビール消費量では、日本はなんと54位。しかもこれはビールだけではなく、発泡酒や新ジャンルを含めての消費量であり、ビールだけに限るとさらに順位が下がるのではないかと思われます。

そんなビール離れが進む日本ではありますが、世界の国々の生産量・消費量はどうなっているのでしょうか? 今回は、ビールの国別生産量・消費量ランキングを見てみることにしましょう。

2016年国別ビール生産量トップ5

5位 ドイツ(949万5700kl)

ドイツといえばドイツビール。「レーベンブロイ」「プレミアムピルス」「ケルシュビール」なんかはよく目にすると思います。ミュンヘンのビール祭り「オクトーバーフェスト」は、日本各地で開催されるようになりましたね。

4位 メキシコ(1050万kl)

メキシコといえば、やはり「コロナビール」ですね。スーパー等に置いてありますので、目にしたことのある人も多いと思います。楽天市場の輸入ビールランキングで1位(2018年6月30日現在)を獲得するほど、日本で馴染みのあるビールです。

3位 ブラジル(1333万4600kl)

なかなか知られていないですが、ブラジルはビール生産量第3位。「スコール」「オリジナル」といったビールが有名ですね。しばしば「ブラジルのビールはキンキンに冷やす」と言われますが、ブラジルではビールを冷蔵庫ではなく、冷凍庫に入れ、凍る寸前まで冷やすそうです。

2位 アメリカ(2213万5300kl)

アメリカのビールといえば、「バドワイザー」「ブルームーン」あたりでしょうか? ハワイの「コナ」もありますね。アメリカはピルスナーが主流で、軽い喉越しのものが多いため、日本人の口に合いやすいです。

1位 中国(4141万6700kl)

中国は世界最大のビール生産量を誇ります。「青島ビール」を飲んだことのある人も多いのではないでしょうか。中国もピルスナーが主流で、日本人好みのビールが楽しめます。中国三大ビールに選ばれているのは、「青島ビール」のほか「燕京ビール」と「珠江ビール」です。

2016年国別ビール消費量

5位 ロシア(840.5万kl)

実はロシアでは、2012年にビールの広告が禁止されました。さらに増税の影響もあり、ロシアにおけるビールの消費量は落ち込んでしまいます。しかし2014年にロシア下院が、スタジアムおよびスポーツ中継でビールを宣伝することを許可し、ビールの広告が解禁されました。この背景には、2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会があるものと見られます。

4位 ドイツ(841.2万kl)

ドイツでは国民のビール離れが進んでいます。その要因としては、ワインを飲む習慣が広がっていること、仲間同士でビールを飲むことが少なくなったことなど、国民のビールに対する意識の変化があるようです。とはいえ、ビールに関する祭りは国民生活に根付いており、それゆえビール消費量4位という結果になっているものと思われます。

3位 ブラジル(1,265.4万kl)

ブラジルは消費量3位。これに対して、2016年の国別一人当たりビール消費量を見てみると、実は31位。これは同国の景気後退によるものであると、サンパウロ新聞は報じています。しかし、クラウトビールのブームによって、ブラジルのビール醸造所は2015年から2018年までの3年で2倍になりました。今後、ブラジルのクラフトビールに注目です。

2位 アメリカ(2,424.5万kl)

かつて、世界で最もビールを消費していたアメリカでしたが、今は中国に抜かれて2位。しかしながら、3位のブラジルにダブルスコアで勝っているところを見ると、まだまだビール大国なのだと感じます。アメリカでは個性的な味を好む若年層を中心に、プレミアムビールやクラフトビールの人気が高まり、輸入ビールの販売量が伸長しているそうです。

1位 中国(4,177.2万kl)

中国は2003年から14年連続で1位。市場の成熟や中国ほぼ全域での夏場の天候不順、中高級レストランでのビール消費低下などの影響で3年連続のマイナスとなりました。一方、若者のお酒への関心の高まりや、インターネットでお酒の販売が普及したことで、ビールの飲用率自体は増加しています。

ビール大国・中国

この順位を見てみると、中国がいかにビールを生産・消費しているのかわかります。2位のアメリカと比較すると、その差は歴然ですね。

ぜひお酒の席のネタとして、この記事のランキングを使ってみてはいかがでしょうか?

(安齋慎平)


参考記事
「キリンビール大学」レポート 2016年 世界主要国のビール生産量|2017年|ニュースリリース|キリン
「キリンビール大学」レポート 2016年 世界主要国のビール消費量|2017年|ニュースリリース|キリン
ビール大国中国のビール事情を紐解く|たのしいお酒.jp
ブラジルのビール事情は驚くことばかり⁉︎極限までキンキンに… _ 世界のお酒BAR
ビールの広告が復活 – ロシア・ビヨンド
ドイツのビール業界 – 欧州どまんなか


 

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ