Share!

・自動車の自動運転システムやリアルタイムでの多言語翻訳、画像認識や音声認識などIoT・AI・ビッグデータ活用の進化には目覚しいものがあります。
・今後もIoT・AI・ビッグデータが活用される分野はますます広がることが予想され、ビッグデータをうまく活用できるかどうかが自社の市場ポジションを決めるといっても過言ではないでしょう。
・今回はIoT・AI・ビッグデータ活用についての課題と今後の見通しについて解説します。 

ますます高まるAI・ビッグデータ活用の重要性

ここで2014年10月16日にGEとアクセンチュアが発表した「インダストリアルインターネットインサイト2015(Industrial Internet Insights Report for 2015)」を参考に、ここ2~3年でAI・ビッグデータ活用の重要性がどう変わってきたのかをみてみましょう。

「インダストリアルインターネットインサイト2015(Industrial Internet Insights Report for 2015)」は7カ国の製造業、航空事業、発電事業、石油ガス事業、鉄道事業などの企業の経営幹部250人を対象に調査を行なったものです。

これによれば、「実際に予測分析や自社ビジネス最適化のために全社横断的にビッグデータを活用している」との回答は29%でしたが、「インダストリアル・インターネット戦略を推進するためにビッグデータを活用しなかった場合、今後1年から3年以内に現在の市場ポジションを失うことになる」の回答が66%、「ビッグデータ活用が自社にとっての最優先事項である」の回答が88%とビッグデータ活用への高い意識が見られました。

そして現在ではAI・ビッグデータ活用の重要性はますます高まり、その進化のスピードには驚くべきものがあります。リアルタイムでの音声翻訳、Alpha Goに代表されるゲーム、自動車の安全運転支援システム、顧客の行動分析と予測、インフラシステムの保全などIoT・AI・ビッグデータは様々な分野で活用されビジネスや生活に大きな影響を与えているのです。

【引用元】
 ・Industrial Internet Insights Report for 2015(PDFファイルが開きます

1 2 3

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「社会」ランキング

人気のカテゴリ