Share!

かつて商品が1種類しかない時代は、生産すればするだけモノが売れました。

しかし、時は経ち、人間社会はより豊かになり、我が国日本でも経済の発展とともにモノが飽和状態となりました。それに伴い、モノがあるだけでは売れなくなりました。「いかにしてモノを売るか」という戦略が求められるようになったのです。さらに最近では、モノを使うことで驚きや感動を感じることができるような「コンセプト」が重要になってきています。

今回は、時代の変遷によって変わってきたマーケティングの変化に注目します。その上でキーワードのなるのが、「プロダクトアウト」「マーケットイン」「コンセプトアウト」という3つの言葉です。

プロダクトアウトとは

プロダクトアウトとは、「製品ありきの販売戦略」のこと。

市場ニーズよりも製品性能の向上を優先する、いわば「モノを作ってからどのように販売するかを考える方法です

これに対して、顧客の意見・ニーズをくみ取ってから製品開発を行うことを「マーケットイン」と言います。モノが売れなくなっている現在、プロダクトアウトな考え方だけでは対応できません。いかに「マーケットイン」の考え方を取り入れられるかも重要です。

もちろん、消費者が必ずしも自分が欲しいものを明確に分かっているわけではなく、完成品を見てはじめて購入するかどうかの判断をするというケースもあります。フォード社の創設者であるヘンリー・フォード氏は、「どんなものが欲しいか?と人に訪ねたところで、人はもっと速く走る馬が欲しい、というだけだ」、つまり、自動車がない時代に自動車が欲しいと言う人がいるわけがない、という言葉を残しています(頻繁に引用される言葉ですが、その一方で、これはフォード氏の発言ではない、という見解もあるようです)。そのため、企業側からどんどん提案していくべきだという主張もあり、プロダクトアウトの考え方も見直されてきています。

コンセプトアウトとは

コンセプトアウトとは、製品そのものが持つコンセプトを発展させて開発の初期段階から顧客を巻き込み、顧客を商品開発のパートナーとすること。プロダクトアウトが「押し付け」型、マーケットインが「いいなり」型だとすると、コンセプトアウトはそのちょうど真ん中でコンセプトを提案してニーズを引き出します

実際には「コンセプトアウト―デマンドイン」とセットで定義され、製品のコンセプトを打ち出しつつ(コンセプトアウト)、ユーザーから実際の要望をもらう(デマンドイン)というやり方です。ちなみに、この概念は永和システムマネジメント社長の平鍋健児氏による概念だそうです。

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「ビジネス」ランキング

人気のカテゴリ