Share!

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。

製品の機能の宣伝みたいになっちゃいますが・・・。特許も出してますし、技術者として少し自慢させてください!

今回、私たちはMotionBoard Bridgeという仕組みを編み出しました。

このソフトは製品の一部としてMotionBoardに同梱されているのですが、これを社内のサーバーに入れて頂くと、簡単に離れた場所の情報とつなぎ込みが出来るようになるんです。

今までは情報を集める部分と、可視化で別々の製品を使うのが普通だったのですが、世界で初めて(たぶん) BI製品上で融合させました。

MotionBoard BridgeはソフトウェアVPNとかとは一線を画していて、集計したり、ファイルを取得したり等々、BIが必要とする機能ももってるんです。ここが融合する最大のメリットですね。

社内側で1次集計ができるので、生データをWAN上に流さずセキュアだったり、明細データを流さずに済むので、通信量が劇的に少なくて済むなどなど、他のBI製品や、複数ソフトを組み合わせたようなソリューションだと絶対にできないこともできます。

ちょっと固い話になっちゃいましたね・・・。

気持ち悪いくらい便利な機能なんですけどね!

ブリッジサービス3

MotionBoard Bridgeが、みなさまのお役立ちになれば幸いです!

[著]Wingarc1st Official The BLOG編集部
本記事はウイングアーク1st株式会社の運営するThe BLOGに掲載された記事を許可を得て掲載しています。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「TheBlogArchive」ランキング

まだデータがありません。

人気のカテゴリ