DX認定事業者に選ばれた横河電機DX推進担当者が語る!

製造業における“DXプラクティス”の事例|ビジネスの最前線が学べるupdataNOW21

Share!

データのじかんを運営するウイングアーク1stが主催するイベント「updataNOW」が今年も開催されます!!「updataNOW21」はデジタルトランスフォーメーション(DX)を取り組みたい、推進したい企業の経営者、推進者向けの国内最大級のオンラインイベント。

昨年の「updataNOW21」では、コロナ対策、働き方改革を対応しつつ、生産性向上を目指す「ネクストノーマル」をキーワードに、企業の未来について語り合いました。

あれから1年たった今年はビジネスの常識として定着しはじめた「ネクストノーマル」を「今」という時代に位置づけ、「DATA WE GO!(データが人を動かす)」をテーマにビジネスの「これから」についてお届けします。

本特集では「updataNOW21」で登壇される業界で活躍するプレイヤー、各界の有識者のセッションをご紹介して参ります。

DXの取り組みやDXプラクティスの一例など、横河電機にてDX推進担当者が現場に密着し直接経験した生の声をお伝えします。

本セッションでは、  ・なぜOT基盤が必要と感じ、データ統合する仕組み(OT DataLake)を構築したのか?  ・DXを推進する中でぶち当たる「ITとOTの壁」を、現場密着型だからこそクリアできる秘訣は?  ・今まで見えなかったデータが見えるようになり、それを現場で作り活用できる環境が整った、 その先にあるものとは? など製造業におけるDX推進のためのヒントをお届けします。

  • 生産技術本部 DX推進部 マネージャー 遠藤 真 氏
    横河マニュファクチャリング株式会社
    横河マニュファクチャリング株式会社 生産技術本部 DX推進部 マネージャー

    遠藤 真 氏

    長野県の駒ケ根にある横河電機の半導体を製造する事業所に籍を置くが、活動範囲は横河電機の国内全工場に対して、横断的な生産技術スタッフとして、最新のIIoT/AI技術導入の実践を進め、品質面・エネルギー面・設備管理面で数多くの改善効果を上げている。

 

関連記事

人気のカテゴリ