Share!

マーケティング分析には市場の状況を分析するもの、自社の事業環境を分析するものなど、目的に応じて複数のフレームワークが用意されています。なかでも競合分析とは、自社のサービスや製品の優位性・独自性を保ち、安定的に売上を伸長させ続けるために重要なマーケティング手法です。具体的には、競合他社の分析を行うことで自社や他社の強み、課題を明確にし、経営企画や商品企画、広報、営業などの戦略立案に活用できます。

競合分析において特に注目すべきは、競合他社の経営方針、顧客層、製品・サービスといった3分野です。どれか1分野のみに注目していても、競合他社の強みや課題が浮き彫りにならないことがあるため、これらの分野を網羅的に分析することが重要とされています。実際に利用するデータとしては、競合他社の企業理念、財務状況、シェア、製品・サービスラインナップ、バリューチェーンなどが基本項目として挙げられます。またそれだけではなく、近年では企業の人材や組織体制といった人的資本も売上伸長に大きく関わるという認識が広がってきたために、そのような項目も含めて分析することが多くなっています。

一般的なフレームワークは?

競合分析に関わるフレームワークとしては、(1)競合分析に必要なフレームワークと(2)競合分析を活かしたより大きな分析フレームワークに分けられます。(1)の競合分析に必要な基本項目は既にご紹介した通りですが、具体的なフレームワークとしては「5フォース分析」があります。これは「既存競合」「新規参入の脅威」「代替サービスの脅威」「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」の5つの競争要因から、どのような企業が競合になり得るかを明らかにしていくものです。

たとえば競合他社を想定するときには、既に競合他社として認識されている「既存競合」だけでなく、どのような企業が新規参入し得るか、どのようなサービスや製品が代替品になり得るかといった視点から企業をピックアップしていく必要があるということになります。このような競合分析を踏まえて、より自社戦略に直結するフレームワークとなる(2)では、「3C分析」などが中心的な方法です。これは「顧客」「自社」「競合」という3者をそれぞれ分析しその関係性から成功要因を導き出す手法です。市場の規模や成長性、自社・他社の強み・課題を明示することで、自社事業をめぐる状況が包括的に分析できます。

このようにデータ分析においては、主流となっているフレームワークやテンプレートを有効活用し、自社・他社について客観的に理解することが大切といえます。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ