Share!

在宅で過ごす時間が増える中、YouTubeをはじめとした動画配信サービスは、育児の大きな味方になります。一方で、ついつい見せすぎてしまったり安全面に不安を感じたり、となかなか悩みは尽きないもの。たとえルールを決めたとしても、子どもたちの「したい!」という欲望はなかなか手強くて手を焼くこともしばしば。

3歳の子どもを持つ筆者も「子どものYouTube」について度々悩まされてきました。

そうした中で、在宅育児のYouTubeをより安全、快適にするために効果の大きかった3つの工夫について、紹介させていただきます。

スクリーンタイム機能で子どものアプリ視聴時間を手軽に管理

近年、子どものスマホの保有率は増加し、2018年時点で小学生でも3〜4割の保有率だったという調査もあります。

そうした中で気になるのが子どものスマホの使い方。そこで、便利なのがiPhoneのスクリーンタイム機能です。この機能では、各アプリの視聴時間が1日毎に確認でき、またアプリに制限時間などが指定できます。

スクリーンタイムの見方


まず、iPhoneの「設定」を選択し、「スクリーンタイム」をタップします。

iOS13「設定」スクリーンショット

すると週ごとのスクリーンの視聴時間が表示されます。

iOS13「スクリーンタイム」スクリーンショット

さらに「すべてのアクティビティを確認する」をタップすると、カテゴリ別やアプリ別に視聴時間を確認することができます。

続いてアプリなどの操作に制限をかける方法をご紹介します。

デバイスの操作に制限をかける


まず、デバイス全般の制限については「休止時間」をタップします。

iOS13「スクリーンタイム」スクリーンショット

続いてiPhoneを休止する曜日や時間帯を選択します。

iOS13「休止時間」スクリーンショット

休止期間中は許可されたアプリのみが使用できます。休止期間中も使用できるアプリは「スクリーンタイム」の「常に許可」という項目から選択することができます。

各アプリに視聴制限をかける


続いてアプリごとの視聴制限についてご紹介いたします。

「Appの使用時間の制限」をタップします。

iOS13「スクリーンタイム」スクリーンショット

続いて「制限を追加」をタップします。

iOS13「Appの使用時間の制限」スクリーンショット

するとカテゴリごとのアプリ制限ができる画面に移行します。さらにカテゴリの横にある「>」ボタンをタップするとカテゴリごとのアプリが表示されます。

iOS13「制限を追加」スクリーンショット

ここで制限を付与したいアプリを選択したら(複数選択可能)「次へ」をタップします。

制限時間を選択し、「追加」をタップしたら制限時間の付与は完了です。

iOS13「制限を追加」スクリーンショット

その他にも「スクリーンタイム」ではダウンロードできるアプリの年齢制限や位置情報などのプライバシー情報の許可を制限できる「コンテンツとプライバシーの制限」などの設定が可能です。

不適切なコンテンツから子どもを守る!YouTube公式の子ども向けアプリ >>

1 2

Eye Catch Design by C.G.

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ