Share!

2018年9月6日(木)7日(金)の2日間にわたり、未来の経営と働き方に出会うEXPO「Future of Work Japan 2018」が虎ノ門ヒルズにて開催されました。

こちらの記事では9月7日(金)に開催された、株式会社刀代表取締役CEOの森岡毅氏の講演「ビジネスを成功に導くマーケティングが機能する組織とは」をレポートします。

森岡氏は、わずか数年で経営危機にあったUSJを再建し、その使命完了後、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立、マーケティングによる日本の活性化に邁進しています。

ビジネスのアプローチは、本質的な法則を見出すこと。

まず森岡氏は「私のビジネスにおけるアプローチ方法は、『売上をあと20%増やそう』と考えたとき、そのビジネス関数を作ることです。一見偶然と思われる現象でも、本質的な法則を見つけて数式に落とし込む。ビジネスはブラックボックスではなく、関数です」と語りました。

『商品を売る』のは営業の仕事、『商品を売れるようにする』のがマーケティングの仕事です。マーケティングとは、市場価値を見出し、価値を付けて売れる仕組みを作ること。マーケティングが成功すると、消費者が自社のブランドを選ぶ確率が上がります。この『確率を上げる』ことが何よりも大事」と森岡氏は強調しました。

マーケティングを、正しく機能させる方法

森岡氏は「狭い意味でマーケティングを捉えている人が多い。『ここまでがマーケティング部の仕事』と区切ってしまうスコープが狭い会社では、マーケティングが機能しない」と苦言を呈します。

森岡氏は「正しいマーケティングは研究開発の前から始まっています」と指摘。商品とはプロダクト(Product)であり、マーケティングにおける“4P”の筆頭であるにも関わらず、研究開発がマーケティングの外で行われている会社が数多く存在します。森岡氏は研究開発に良い仕事をしてもらうためにも、マーケティング戦略の下で機能させるべき、と主張しました。また、CMOの役割については「マーケティング最終責任者として、研究開発とマーケティングをブリッジさせ、トータルでマーケティングシステムを管理し、経営者をサポートすること」とし、その重要性についても説明しました。

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ