Share!

人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。

いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林水産統計部が提供する最近5年間のデータをまとめてみると、意外な一面も見えてきました!

意外とIT化が進んでいる!と感じた方も多いのではないでしょうか。

データをみると、確かに農業人口や耕作地の減少といった傾向はあります。しかし、IT導入に抵抗の少ない若い世代の農業従事者や法人が増え、農業を支援するクラウドサービスも続々登場しています。

IoTなどのテクノロジーも進化している中、効率化や業務の付加価値向上のためのデータ活用やIT活用の流れは、これからもっと進んでいきそうですね。

農業ITやデータ活用にご興味のある方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。
“×IT”で顧客が求める品質と農期に応え“儲かる農業”を実現!進化し続ける農業生産法人のデータ活用と人材育成

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ