Share!

「計算」「公式」と聞くと、どうしても「難しそう…」と感じてしまいがち。ですが、面倒な計算がいらない便利なサイトがあります。それが、カシオ計算機が管理運営しているkeisanというサイトです。このサイトでは、「ローン計算」「割り勘計算」「年金・退職金計算」など日常生活で必要な計算を、数値を入れるだけで代わりにやってくれます。 

この記事では、このサイトの中で特に興味深い計算項目を2つ紹介します。

1:ほろ酔いでいられるお酒の量

まずは、「ほろ酔いでいられるお酒の量」の計算です。まずはこの項目にアクセスして(ページはこちら)、「体重」と「アルコール度数」と「気持ちよく酔いたい時間」を入力します。

例えば体重に68(kg)、アルコール度数に5(度)、気持ちよく酔いたい時間に1(時間)と入力してみると、酒の量の欄に「1133(ml)」という答えを返してくれます。1133mlは500mlの缶ビール2本分強ですから、1時間ほろ酔い気分になるには、500ml缶2本と350ml缶の1/3程度を飲めば良いということになります。

この計算式は以下の通り。 

ほろ酔いをN時間持続するための酒の量=1000×体重kg÷(アルコール度数%×12)+(15×体重kg÷アルコール度数%)×(N-1)

※佐藤信『酒を楽しむ本』より

ちなみにこのサイトには「二日酔いしないための飲酒量」を計算するページもあります(ページはこちら)。ページにアクセスすると、「体重」「飲み始めて翌朝まで」「アルコール度数」の入力フォームがあるので、こちらに任意の数値を入力して「計算」ボタンをクリックします。

例えば、体重に68(kg)、飲み始めて翌朝までの欄に10(時間)、アルコール度数に5(度)と入力すると、飲酒量の欄に「2550(ml)」という答えを返してくれます。500mlの缶ビール5本分ですね。計算式は以下の通りです。

二日酔いしない飲酒量ml=15×体重kg×飲み始めて翌朝までの時間÷(エタノール度数×0.8)

※佐藤信[酒を楽しむ本]より

お酒の適量を計算してくれるページもあります(ページはこちら)。

「清酒」「焼酎」「ウイスキー」「ブランデー」「ワイン」「ビール」の6種類のお酒について、「血中アルコール濃度」や「節度ある飲酒量」を計算してくれます。計算は簡単で、お酒の種類をドロップダウンリストから選んで「飲酒量」と「体重」を入れるだけ。あとはサイトのほうで計算の答えを出してくれます。例えば清酒(アルコール度数15%)を200ml飲酒するとして、体重が68kgだとすると、血中アルコール濃度は0.00529624%、酔いの症状は「ほろ酔い期」、節度ある飲酒は180mlだという風に値を返してくれます。計算式は以下の通り(血中アルコール濃度のみ)。

血中アルコール濃度%=飲酒量ml×アルコール度数%÷833×体重kg 

2:BMIと適正体重

次に、自分の体重が気になる方に便利な計算式です。

BMIと適正体重にアクセスして、フォームに「身長」と「体重」を入力してみます。例えば身長に182(cm)、体重に68(kg)と入れ、「計算」ボタンを押します。すると、「適正体重」「適正体重との差」「BMI」の数値を返してくれます。この計算式は以下の通り。


BMI=体重kg÷(身長m)^2

適正体重=(身長m)^2 ×22


なお、中学生以下の人は別の計算式を使います。乳幼児は「カウプ指数」を、小中学生は「ローレル指数」を用いて計算します(計算するにはこちらのページ参照)。

カウプ指数およびローレル指数の計算式は以下の通り。


[カウプ指数]

カウプ指数=体重(kg)÷身長(cm)^2×10^4 

[ローレル指数]

ローレル指数=体重(kg)÷身長(cm)^3×10^7


まとめ

以上はこのサイトの機能の一部。自分で作った計算式を「自作式」として登録することも可能です。奨学金の月の返済額JR片道運賃計算など、興味深い計算式がたくさんあります。

是非サイトにアクセスし、計算式の面白さに触れてみてください!

(安齋慎平)

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ