Share!

2020年の今年で、ミレニアム(新千年紀)を迎えてからもう20年が経ちます。しかし前千年紀から持ち越された負の遺産には、解決の糸口が見えないものがたくさんあります。

そのひとつがプラスチックごみの問題。1950年代にアメリカで商用化されたプラスチックは、丈夫さと生産コストの安さからまたたく間に世界中に広まりました。しかしこの素材の最大の難点は、自然界で完全に分解される(水素と炭素に還る)までに途方もない時間がかかること。そのため海に流出すれば海洋生態系に深刻な影響を与え、埋め立てれば土壌汚染の原因になる厄介ものです。

この問題に対処するため、近年、特定の条件下で分解される生分解性プラスチックの開発が進んでいます。ここではその特徴と種類について解説しながら、巷で議論されている生分解性プラスチックのメリットとデメリットも挙げてみたいと思います。

生分解性プラスチックとは?

生分解性プラスチックの定義は紆余曲折を経て、1993年にアナポリスサミットで発表された「微生物によって完全に消費され自然的副産物(炭酸ガス、メタン、水、バイオマスなど)のみを生じるもの」に落ち着いています。

生分解性プラスチックの原料には生物資源が由来のバイオマスプラスチックと、石油由来のものがあります。生分解性であれば、原料は問われません。バイオマス原料には以下のようなものがあります。

ポリ乳酸(PLA)−トウモロコシやサトウキビといった植物由来の糖分が成分
ポリヒドロキアルカノエート(PHA)− 特定の微生物にストレスを与えると細胞内に形成されるバイオポリマーを成分とする

こうしたバイオマス原料のプラスチックの多くは堆肥(コンポスト)化が可能ですが、微生物が分解活動を行うには高温環境を用意できる専用処理場が必要と言われています。

酸化型生分解性プラスチックという従来の石油由来のプラスチック(たとえば、ポリエチレン、ポリプロピレン、PET)に、酸化を促進する添加剤(プロデグラダント)を加えたプラスチックもありますが、自然的副産物に分解されずマイクロプラスチックとなるだけとして、2018年EU議会で可決された法案で廃止の対象となりました。

生分解性プラスチックは本当に分解可能?

さて、生分解性プラスチックにもいろいろと種類があることが分かったところで、それぞれの素材の実力はどれほどでしょうか?

それを分かりやすく教えてくれる、イギリス・プリマス大学で行われた実験があります。まずは市場に最もよく出回っている生分解性プラスチック、堆肥化可能プラスチック、酸化型生分解性プラスチック、従来のプラスチックで作られた4種類のレジ袋を用意。それらを3年間に渡って「地中に埋める」「海中に入れる」「大気中に吊るす」という条件下に置きました。結果は以下の通り。


堆肥化可能プラスチック – 地中では2年後にも原型を留めていたが、ものを入れると崩壊した。海中では3ヶ月以内に完全に消滅した

生分解性プラスチック、酸化型生分解性プラスチック、従来のプラスチック – 地中と海中のものは3年後も使用可能だった


大気中に吊るした場合は、9ヶ月後にはすべての袋が完全に崩壊しましたが、実際はマイクロプラスチックに形を変えただけでした。マイクロプラスチックは海洋汚染の原因として大きな問題になっているため、これでは本末転倒です。

意外なのは、分解に専用施設が必要とされる堆肥化可能プラスチックの成績がダントツによく、生分解性プラスチックが惨敗である点。そもそも堆肥化可能プラスチックの海洋生分解性は公式に確認されていません。

この実験が始まったのは2016年ですから、その時点での生分解性プラスチックのクオリティが低かった可能性はあります。しかしこの実験結果からは、「生分解性ならどれでもエコ」と信じ込むのは危険だということが分かります。

プラスチック革命を起こすか? 新登場の生分解性プラスチック >>

1 2

「社会」ランキング

人気のカテゴリ