Share!

Share!

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略であり、システムを指す場合には、企業の基幹系業務を統合して総合的な経営を行っていくためのシステムを意味します。営業、生産、総務、人事などが一つのシステムに統合され、業務効率をアップできます。パッケージソフトウェア、クラウドなどの採用により選択肢が増えたこともあり、導入のハードルは下がりつつあります。

ERP導入のメリットとは

ERP導入のメリットとしては、企業の全部門がリアルタイムで変化に対応できるということです。ERP未導入の企業では、同じ企業内でも部門ごとに業務や情報が独立していることが多く、定期的な会議などの場がなければ情報共有が困難です。 打開策として共有ファイルサーバーを設置し、特定のデータを関係者間で閲覧できるようにするなどの方法が実装されていますが、取り扱われるのは生データの場合もあり、別部門の人間が見ると内容が分かりづらいなど、業務の効率化には程遠い状況に陥りがちです現状だったといえます。 しかし、ERPを導入すればある部門がデータを更新した場合、システムを通じて解析がなされたうえで、加工されたデータが共有されるので、リアルタイムに全部門が対応できるようになります。たとえば、営業が新規顧客を獲得した場合、それによって年間の売上がどのように変わり、決算や賞与にどう影響するかまで分かりやすく共有できるようになります。ERPを導入することにより、部門ごとの判断だけでは業務を秘匿することが難しくなるので、社内業務の可視化にも適したシステムです。

ERP導入の様々な方法

ERPは中小企業が大企業に比べて弱いとされてきた、BI(Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)、BA(Business Analytics:ビジネスアナリティクス)を補強し、特定のデータから企業戦略を導き出すまでの時間を短縮します。特に、トレンドに大きく左右されるファッション業界やIT業界などは情報解析のスピードが生命線であり、ERPによって戦略の幅は広がります。 SAPなどのERPパッケージが有名ですが、パッケージの仕様が企業内の業務と完全に一致しているとは限らないのでカスタマイズが必要とされることもあります。一からシステムを構築するか、パッケージに業務を合わせるのか、企業の判断が求められます。 サーバー運用の負荷を抑えるにはクラウド型のシステム導入も一つの方法です。クラウド型のERPでは、より一層のセキュリティ対策を徹底し情報漏洩の危険性を回避するなど、事前に準備しておくべきポイントがたくさんあります。効率的で従業員の負担にならないERPの導入を目指すためにも、現場が一丸となって取り組む必要があります。ERP導入企業の多くが、事前講習会などを開催し全従業員に導入メリットを理解してもらうなどの取り組みを実施しています。