Share!

農業や製造業などと比べるとIT業界の歴史はまだまだ始まったばかりです。けれどもIT市場は年々急速に成長しており、私たちの生活にも密接な関わりを持っています。
 また今後も大きな成長を期待されている業界でもあります。そんなIT業界で今注目されているのが「SoE=Systems of Engagement」と「SoR=Systems of Record」です。
これらはシステムの目的と特性による分類を示す用語です。

SoEとSoRが注目されるワケ

IT業界のトレンドとなっている「SoE」「SoR」の最も大きな違いはシステムを構築する目的です。SoEは主にユーザと企業を繋ぐためのシステムでSoRは社内の基幹系システムと位置付けられています。このSoEとSoRを意識しながらプログラムを構築していくことで、最適化されたシステムを導入できると言われています。まずSoEはSystems of Engagementの略称で、「繋がりのシステム」を意味します。これはユーザと企業をどのように繋いでいくかという点を重視したシステムです。一方SoRはSystems of Recordの略称で、「記録のシステム」を意味します。これは社内情報を安全に管理し、それを適切にアウトプットできる点を重視したシステムです。

SoE、SoRそしてSoI=Systems of Insight

仕事の効率を上げるためには、システムの導入が効果的です。けれども業務内容に合ったシステムを構築できなければ、その効果も半減することでしょう。従来のIT業界は「SoE」と「SoR」をまったく別物として捉え、それぞれを独立させて構築してきました。
 しかし、効果の高いシステムを導入するためには、対ユーザの「SoE」と対社内の「SoR」の2つの視点から考えていくことが重要となり、「SoI=Systems of Insight」という「SoR」「SoE」の両軸から新たな洞察や知見を獲得するためのシステムという概念が生まれ、その重要性も叫ばれています。
「SoE」「SoR」という一見性質の違うこの両者を統合することによる、より多角的な情報の管理と活用が重要ということです。今後のIT業界の成長では「SoE」と「SoR」の統合そしてその先の「SoI」が1つのキーワードになってくるかもしれません。