Share!

2018322日、ウイングアーク1stは六本木にあるベルサール六本木でユーザー総会2018「再起動 ~新しい星空へ~」を開催した。そのイベントのメインイベントの1つとして、Still Day One合同会社の小島英揮(おじまひでき)氏をモデレーターとして迎え、アサヒプロマネジメント株式会社の清水博氏ネットコマース株式会社斎藤昌義氏、株式会社ウフルの杉山恒司氏の3名のパネリストを交えたパネルディスカッションが行われた。

冒頭に小島氏は、コミュニティーという概念を軸に話をしたい、とコメントし、今回の来場者に向けたテーマとして下記の3つのゴールを掲げた。

  1. ベンダーとユーザーを取り巻く環境の変化を知る
  2. ベンダーとコミュニティーの新しい関係を知る
  3. コミュニティーに参加したくなる

ベンダーとユーザーの関係性は変化しており、従来型の、ベンダーからユーザーへテクノロジーの機能性について説明をする、というものでは不十分になっている、というのが1つ目のポイント。

従来のベンダー、ユーザーの関係性が不十分なものであるがために、ベンダー・ユーザーではなく、むしろユーザー間に新しい関係性が生まれつつあり、それがいわゆるユーザーコミュニティーと呼ばれるものである、というのが2点目。

そして、そのユーザーコミュニティーについて一通りの情報を知った後、そのユーザーコミュニティーに自分も参加したい、と感じてもらうことが、今回のディスカッションのゴールだと、小島氏は述べた。

パネルディスカッションは合計50分に渡り、とても充実したものとなった。

この記事では、そのディスカッションの前半の部分、時代の変化とユーザーコミュニティーの必要性について小島氏が語った内容をご紹介しよう。

以下は、小島氏の話を要約したものだ。なお、パネルディスカッションの部分は別の記事として紹介する。

今起きている3つのゲームチェンジ

今回、ウイングアーク1stのユーザー総会に私が呼ばれたのはJAWS-UGを立ち上げた、という経歴を持っているからだと思います。

なぜ今ユーザーグループや、新しいユーザーコミュニティーというくくりが必要となっているのかを今回は説明したいと思います。実際、世の中ではこの20年、30年で大規模なゲームチェンジが起きています。

1つ目は国内人口減少。同じことをやっていると同じようなペースで売り上げが下がる時代が20年くらい続きます。今から子供が増えたとしてもこれは最低20年続く現象で、避けては通れません。

(出典)2015年まで:総務省「国勢調査」、「人口推計(各年10月1日現在)」、2016年以降:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年4月)」(出生中位・死亡中位推計)

2つ目はクラウド化ITの分野では、クラウド化が進んでいます。イメージ的には8割オンプレ、2割クラウドが現状かも知れないですが、両者が混在するよりかは、どちらかに寄せた方が絶対に効率的です。そして今の流れはクラウドに向かっています。クラウドが主流になると、ハードウェアにソフトウェアをインストールして、ということを前提としていたエコシステムが全部まとめてなくなります。かつては、サポートが現場に出向けるというのは企業の強みでしたが、クラウドになってしまえば全てリモートで操作できますから、現場に出向く必要はなくなります。世の中はクラウド化していくので、今度はクラウドのエコシステムの中で物事を考える必要性が出てきます。

国内におけるクラウドサービスの利用状況(出典)総務省「平成26年通信利用動向調査」
クラウドサービスの導入理由 総務省「平成26年通信利用動向調査」により作成

3つ目は副(複)業の広がり。かつては主流だったどこの会社の誰、という肩書きはあまり意味を持たず、その人に何ができるのか、というところが重要視されるようになってきます。これは、個人の力に適正なロールが付随してくる世の中にシフトしてきていることを意味します。オンプレが主流で、役職が大事、GDPは当然のように上がり続けるというのがルールだったこれまでの世の中の仕組みからすると、これはかなり異なっています。この3つを大きな前提としたゲームチェンジが必須です。

(参考資料:平成 26 年度 兼業・副業に係る取組み実態調査事業報告書

なぜ今ユーザーコミュニティーが重要なのか?

今日はIT系の人が多いと思うので、ITの中でコミュニティーがなぜ必要かという話をしたいと思います。

クラウドの時代にはコミュニティーがエンジニアの成長を支えていくのではないか」という記事は、ITジャーナリストの新野淳一さんという方が3年以上前に書いたブログ記事です。少し古い記事ですが、今でも通用する内容となっていますので、ぜひ一読して頂きたいと思います。ちなみに、この「Publickey」というサイトはIoTの情報をかなりキュレーションして出していて、海外の展示会などの情報も早く掲載されているおすすめのサイトです。

この記事の中の、

「クラウド関連の技術範囲はとても広く、社内や仕事を通して学べる範囲をはるかに超えてしまっています。」

の一言が私にはとても響きました。

つまりボーダーレスであり、アップデートがすごく速いわけです。かつてのソフトウェアのバージョンアップはせいぜい年に数回でした。そのタイミングで新しいことを学べば対応可能でした。タイミングも事前に分かっていたので準備しておくことも可能だったのです。だけど、今はそうではないです。ものすごいスピードが速いんです。

例えば、アマゾンのAWSのサービスが1年間にリリースするアップデート数は1300を超えています。なので、1つのアップデートの度に書籍が出る、などの対応は不可能です。これに対応するためには使っている人同士がキャッチアップするしか方法はないです。つまり、向こうから情報がやってくる時代というのは終わりを告げつつあります。

もしも、クラウド関連の情報が書籍になってあなたの手もとに届いたならば、それはすでに2周回くらい遅い情報になっています。その内容自体に問題があるわけではありませんが、今の最先端はすでにそれではないのが現状です。

最先端の情報は向こうからやって来ません。最先端の情報の中へ自分から入っていくしかないんです。そして、最新情報がある場所こそがコミュニティー、です。

例えば、MotionBoardのユーザーの人であれば、知りたいのはMotionBoardの機能ではないはずです。むしろMotionBoardをどう使えばビジネスにインパクトを与えられるか、という使いこなし方の話ですよね?そして、使い方に限って言えば、開発側の人間よりも、ユーザー側の人間の方が詳しいわけです。

従来のユーザー会とは、優良なユーザーにベンダー側が手厚く接待をするイメージでした。ヘビーユーザーからフィードバックを受けることを前提としたこのモデルが悪いわけではないですが、これは今後主流になるモデルではないです。使い方をユーザー同士がアウトプットし、それを聞いた人たちがどんどんコミュニティーに入ってくる、という形にシフトしていきます。

従来のモデルではユーザー1人1人にしか届きません。ですが、新しいモデルはボウリングの一番前のピンを狙うイメージです。一番前のピンに当たれば他のピンも倒れるような、自動的な広がりのあるシステムになっているわけです。結果的にユーザーにはより多くの情報が行き届くようになります。情報が欲しい人はこの輪の中に入らなくてはならないでしょう。

AWSのユーザーイベント「JAWS-UG Japan」

クラウド初期に立ち上がったJAWS-UG Japanの場合、日本全国に50の支部があり、去年は260回の勉強会が開催されました。述べ1万人近いユーザーが参加しています。一年を通じてほぼ毎日どこかでユーザーが集まって意見交換をしているのです。先日東京で行われたイベントには1400人が参加しました。ここでは80人近いスピーカーが登壇し、そのほぼ全員ががユーザーでした。開発側は機能の話しかできません。それに対して、ユーザーは運営の話をする。他のユーザーはそれが知りたい。この一連の動きがコミュニティー内で完結しているのです。

このようなコミュニティー体制が非常に合理的なので、多くの企業が同じモデルを採用し、うまく使ってもらうためのナレッジの拡散を行い、コミュニティーを大きくする試みを行っています。今回、ユーザーコミュニティーを立ち上げることを発表したウイングアーク1stも恐らく同じようにこのコミュニティーの作成に参加したい、と考えているのではないでしょうか?

これはテクノロジーの使い方の話なので、話に参加する人はエンジニアに限りません。ビジネス系の人にも非常にインパクトがあります。先日のJAWSのイベントで表彰されたのはフジテックのCIOの友岡さんという方でした。上場企業のCIOがユーザーコミュニティーで情報を発信し、自社で何をしているかをアウトプットすることで、様々な情報を得ています。彼はCIOという立場でやっているわけではなく、1ユーザーとして情報発信することで情報を入手しているのです。

このコミュニティー時代に、ベンダーとユーザーのそれぞれの視点を今度どのように変えていくべきか、評価していくかについて今日は他のパネリストの意見も聞いて見たいと思っています。

それでは、パネルディスカッションに入りたいと思います。

=====================================

後半に続く

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ