Share!

【画像付き】マクロ×Excelで「自動化」を行う初歩

ここでは、Excelでマクロを用いて実際に「自動化」を行う手順を画像付きでご紹介します。

手順1:「開発」タブを有効にする


Excelマクロは「開発」タブから操作します。しかし、「開発」タブはデフォルトではリボンに表示されていません。そこで、リボンで右クリックを行い、「リボンのユーザー設定」を選択します。

するとExcelのオプションウィンドウが表示されるので、メインタブから「開発」にチェックを入れましょう。

そうすると「表示」と「ヘルプ」の間に開発タブが現れます。

これで、マクロを始める準備は整いました。

手順2:マクロを記録する


開発タブにはマクロ/VBAを操作する機能が取りそろっています。今回はそこから「マクロの記録」機能を使い、セルの文字色を自動で赤色にするマクロを作成します。

まずA1セルに文字を入力(今回は「データのじかん」)し、「マクロの記録」ボタンをクリックしましょう。すると、「マクロの記録」ウィンドウが立ち上がります。

そこでマクロ名を設定(今回は「文字色変更red」に)し、OKをクリック。

「ホーム」タブから文字色を赤く変更できたら「開発」タブに戻り、先ほどの「マクロを記録」ボタンの位置に切り替わって表示されている「記録終了」ボタンをクリックしてマクロを保存します。

3:マクロを呼び出す


A2セルに「データ活用」と入力し、選択したまま「開発」タブの「マクロ」ボタンをクリックします。すると「マクロ」ウィンドウが立ち上がるので先ほど保存した「文字変更red」を選択し、「実行」します。

その結果「データのじかん」と同様に赤く文字色が変更され、マクロが実行されたことがわかります。

マクロの中身は「開発」タブの左端にある「Vsual Basic」ボタンをクリックすることで確認できます。このとき立ち上がるウィンドウはVBE(Vidual Basic Editor)画面と呼ばれるもので、ここから直接VBAでマクロを記述して作成することも可能です。

作成したマクロは「標準モジュール」内に記録されており、モジュール名をクリックすれば中身を見られます。

ちなみにExcel以外の代表的なMicrosoft製品は以下の箇所でマクロの操作が可能です。

Word→「表示」タブ内の「マクロ」ボタン
PowerPoint→「表示」タブ内の「マクロ」ボタン
Access→「作成」タブ内の「マクロ」ボタン

<< マクロでできること

【注意】マクロに潜む“ブラックボックス化”というリスク >>

1 2 3

Eye Catch Design by Go Uchida

「テクノロジー」ランキング

人気のカテゴリ