BIのトリセツその8 : 「しくじり」から学ぶBIツール導入! | ページ 2 | データで越境者に寄り添うメディア データのじかん
会員ページへmember

About us データのじかんとは?

BIのトリセツその8 : 「しくじり」から学ぶBIツール導入!

         

現場(シャドーIT)とIT部門のギャップでセキュリティ危機

現場主導で導入を進めたことにより失敗したサービス業D社の事例です。D社では業務改善の意識が強く、クラウドサービスを業務に積極的に活用するなど、現場主導のIT化が展開されていました。

その一環として、セルフサービスBIの導入が進められました。「情報武装化」をキーワードに、経営企画部門がBIツールの導入を検討しました。導入は小規模から始め、段階的に横展開していきました。

やがて、フィールドサービス部門の担当者もBIツールを活用するようになりましたが、ここで機密情報の漏えい事件が発生しました。BIツール経由で得られたお客様情報をノートPCに保存していたところ、そのノートPCがウイルスに感染したことで、お客様情報が漏えいしてしまいました。

D社では何重もの情報漏えい対策を施していましたが、BIツール経由のデータは機密情報として認知されず、甘い管理となっていました。セキュリティはIT部門が主体となって進めています。そのIT部門に相談せずに進めたBIツールの導入体制が問題として指摘されました。

まとめ

BIツールはそのツール選定のみならず、社員それぞれに、データが持つメッセージの読み取りと活用の技術が求められます。加えて、関係する部門全体を対象とした、組織的な取り組みが不可欠です。社長だけ、IT部門だけ、あるいは現場だけで進めると、失敗の危険性が高まります。

チェックから改善までのPDCAサイクルを確実に回せる組織を確立しましょう。

企業全体でBIを積極的に活用することこそ、BIツール導入で失敗しないための第一歩といえるでしょう。

 
通常のレポート作成の範囲を超えなかった!

1 2

データ活用 Data utilization テクノロジー technology 社会 society ビジネス business ライフ life 特集 Special feature

関連記事Related article

書評記事Book-review

データのじかん公式InstagramInstagram

データのじかん公式Instagram

30秒で理解!インフォグラフィックや動画で解説!フォローして『1日1記事』インプットしよう!

おすすめ記事Recommended articles

データのじかん会員なら、
全てのコンテンツが
見放題・ダウンロードし放題
 

 データのじかんメール会員でできること

  • 会員限定資料がすべてダウンロードできる
  • セミナー開催を優先告知
  • 厳選情報をメルマガで確認
 
データのじかん会員について詳しく知りたい方
close close