Share!

福岡の都市の進化が目覚ましい。アジア圏に近い立地、賃料などの固定費や生活コストの安さ、食のクオリティなどQOLの高さが数年前より注目されている。産学官連携プラットフォームの活動も活発で、IoT関連のハードウェア/ソフトウェア技術が集積する福岡県はテクノロジー都市として地方のなかでも台頭しはじめている。

しかし、一方で影の部分もある。九州全体の生産性は全国比で0.61倍と低く、農林水産業のみが全国水準以上の1.09倍で、それ以外は大幅に下回っている状況だ。

参考資料:九州経済調査協会「九州経済白書」より引用

九州で抱える生産力の弱さ問題。これを逆に伸びしろと捉え、福岡県では地元発のテクノロジーでIoT社会を実現し各産業の底上げや生産性の向上につなげようと、庁内で総力をあげて県内企業による新たなIoT関連製品・サービスの創出に向けた取り組みを進めている。

県では「福岡県IoT推進ラボ」を新設。継続的にテクノロジーで地域課題に向き合う部門を創設した。以降、オール県庁で部門を超えて地域課題を掘り起こす「福岡県IoTプロジェクト推進会議」を実施。この会議では警察本部や教育委員会も巻き込み地域の問題点を探った。さらにはIoT導入の意向を持つ現場に直接ITベンダーを連れて行き、マッチングを行う「現場ニーズ把握会」を開催するなど、全国的にも珍しい取組みを行っている。

実績も着実に出ているようで、福岡県が誇るブランドいちご「あまおう」の栽培支援システム、飲酒運転防止システム、農業やものづくり、医療・福祉など、様々な分野で次々にプロジェクトを創出し、製品化事例もリアルに生まれているようだ。

そして新たに取り組みがスタートしているのが、福岡の代表的産業である『八女茶』だ。

八女は、古くからお茶の名産地として知られている。特に玉露は、国内最大級の産地として5年連続で農林水産大臣賞、18年連続で産地賞を授章するなど、まさしく日本最高峰の玉露産地として不動の地位を得ている。しかし現状では、生産にあたりいくつか課題もあるようで、今回その対策としてIoTの導入を決めたという。課題とは、一体どういうものなのだろうか。また実際にIoTを導入して八女の茶がどのように変化しているのだろうか。その実態に迫った。

八女のなかでもとりわけ美味しいとされる『八女伝統本玉露』の専用ページ
インスタグラムやNYでのエキシビションなど積極的にPR活動をおこなっている。

匠の技を可視化することで、事業生産性を高める

「八女の玉露は“とろみ”があり、“かおり”も柔らかい。凝縮された旨味を全て持ったお茶です」
と語る角重分場長。

ーまずはじめに、IoTの導入時期と設置箇所を教えてください。

「平成30年度に福岡県の重点事業として株式会社システムフォレストと共同して進めてきました。実際にIoT機器が入ってきたのは平成31年1月から2月にかけて。そして試行期間を経て4月からこの八女分場(2箇所)と八女市星野村の6園地に設置してデータ収集を開始しています」

ー1年かかっていないんですね。なぜ、いち早くIoTを導入しようと決めたのでしょうか?

「八女は静岡や鹿児島と比べて全体の栽培面積が少なく、県全体の茶園面積は1550ha、昨年の収穫量は1960tと、全国で5、6位の水準です。日本茶の約8割が生産面積の大きな静岡や鹿児島で占められるため、量では勝負ができない。だとしたら質で勝負するしかないと、高級化に狙いを定め、お茶の品質を向上するための施策を考えたのがきっかけです。

幸い、八女は1200年代から受け継がれる、歴史あるお茶の産地です。特に玉露に関しては100年以上続く伝統的な職人技があり、トップブランドを走っています。さらに我々はそのなかでも味の品質によってブランド価値を高めようと、近年、伝統的な技法や手摘みにこだわって作られた玉露を『八女伝統本玉露』と称し、高級茶への道筋を作りました。

ーどれくらいの価格で販売されているのでしょうか?

平均取引価格は12,000円/kg。普通の煎茶だと3,300円〜3,500円なので、約4倍の違いがあります。さらに八女伝統本玉露の中でも更にトップクラスの味わいをもつ茶葉として農林水産省から認められた「GI認証 (地理的認証制度)つきの玉露」というのもあります。GI認証は、伝統的な方法で地元の特産品を作ったものに与えられる称号ですが、平成27年に八女茶が日本茶で初めて獲得しました。こちらは高品質維持のために内部規定で13,000円/kg以上としています。味は煎茶と比べても15倍の人件費をかけるだけあり、非常に美味しい味わいとなっており、海外でも日本茶ブームとともに高い評価を得ています。

しかし、これらは大変な希少品です。平成29年の各種統計資料によると県内の生産量1,960tのうち、玉露は34t(全体の3〜4%) 、更に八女伝統本玉露になれば8〜9t(1%)、GI認証八女伝統本玉露は2〜3t(0.3%)となっています。ブランドとして成り立っていても、国内外からニーズがあっても、ロットが足りていない状況なので、確立するためには八女伝統本玉露の生産高、そして茶園の違いによる価格差のバラツキを抑え、どの茶園でも高単価な茶葉が生産できるようにしていく必要がある。そこにIoTを導入する意味があるのではと推測しました。今まで口伝で受け継がれていたお茶職人の匠の技を、データによって可視化し、八女茶全体の技術向上を図って行ければ、と考えています」

データ化で見えた、教本には載っていない栽培方法

この実証実験では、茶園に設置したIoTセンサーからインターネット経由で、気象環境・生体情報データを取得する。IoT通信プラットフォームには株式会社ソラコムの「SORACOM」、収集されたデータの可視化にはウイングアーク1st株式会社のBIツール「MotionBoard」が使用されている。将来的には、このデータの収集・解析に基づき、高品質玉露生産者のための遮光技術等の好適な栽培管理モデルの構築を目指すという。

ー実際、IoTを導入してどのような変化が見られたのでしょうか?

「八女伝統本玉露は、自然の樹姿を生かした自然仕立て。さらに玉露の旨味を決める遮光には藁を使い、茶葉を傷つけないよう畑全体を覆って行きます。手摘みは葉の形の良さを残すよう、ひとつずつ丁寧に収穫していきます。

しかし全て同じ工程を踏んでも茶園によって味のバラツキがあり、品評会での価格も8,000円〜110,000円/kgとかなりの差があります。なぜ、茶園同士が同じエリアでもこのような現象が起きているのか、これまではハッキリとわかりませんでした。そのため今回の導入では、各茶園の土壌水分の割合(個体・液体・気体)や、気温・湿度を随時、また茶葉の成長具合を一日二回撮影しその違いを検証しました。

ーその結果、実際に匠の茶園とそうでない茶園との違いが分かったのでしょうか。

「はい。高級茶を作る茶園、いわば匠の職人がいる茶園では遮光率が教本と比べてぐっと高かったんです。教本には最初の遮光は80~90%の割合で行い、生育状況によって段階的にあげていくと書いているのですが、匠は90~99%台で遮光していたんですね。また藁で覆うタイミングも、基本よりすこし早めだったりといろいろなことが分かってきました」

ーそれは面白いですね! 技術の可視化がまさにできた事例ですね。

「はい。別の事例だと、各茶園の敷地内に機械を設置したところ、5mしか離れていない2ヶ所の茶園で片方は夜間の平均気温が2℃高かった。なぜだろうと検証すると1ヶ所は家のそばに茶園があり、家本体が温かいからその周りだけ生育状況が速かったという事実が分かりました。このデータ結果を受けて、その茶園では低い気温のところには側幕を早めに使うなどで、温度調整を試みています」

ーなるほど。IoTを導入されている茶園はデータをみてリアルタイムでやり方を変えられるのですね。

「恐らくデータがなくても、これらはいつか気が付くかもしれないですが、それにはかなりの時間を要します。生産者の平均年齢が65歳という現実を考えるとその気づきを待つ時間はもうありません。引退前に短期間で、効率よく匠の技を可視化する。もちろんデータでは拾いきれない技術も存在するでしょうが、ファクトと感覚の両軸を回していくことで若手の新規参入もしやすくなるのではないかと思っています」

ーちなみに、自分たちの技を盗まれる、と懸念する人はいらっしゃらなかったのでしょうか?

「八女にはいなかったですね。お茶の世界は狭くて、さらには八女の世界も狭い。それぞれがいいお茶を作りたいという競争意識はあるかもしれませんが、足を引っ張る人はいない。それよりみんなでお茶の品質向上に努めて、最終的には若い後継者を育てていこうという機運が八女にはありますね。データの利用方法を伝えると、どうぞ使ってくださいと快く回答していただき、自分だけの情報に留めたいという方はいませんでした」

IoTで手間が省ける、という訳ではない。次の手を考えるきっかけをもたらすもの。

写真中央/角重分場長に向かって左は主任技師の井上梨絵さん。右は本プロジェクトのシステム開発を行なった株式会社システムフォレスト栃原敏克さん。この3名が主となりIoT導入の開発を進めた。

ーIoTを導入して改めて感じることはありますか?

「データで見せるのは説得力があります。バイアスがかからないからですね。そして普及員等指導者もバックボーンとしてエビデンスを持つことができるので非常にいいです。技術の底上げを測るために口伝ではなくて可視化して後世に残していく、あるいは今の人でもそれをお手本にして自分の栽培を改善してもらう。そうすることで、最終的には若手で玉露を初めたいけれど初められない人たちのハードルを下げて、八女でも直面している生産の伸び悩み、生産者の高齢化に対応できればと考えています」

将来的には茶葉の栽培だけではなく茶摘みにも
テクノロジーの導入を

ー今後、この事業はどのように進んでいくのでしょうか。

「来年3月までにデータを取り終えた後は情報をまとめて何らかの形で公開予定です。令和3年度にはお茶の指導を担当している普及センターや、JAふくおか八女の茶担当の方々にもパソコンからアクセスできるようにと計画しているところです」

ーデータがたまれば茶栽培のマニュアルを作成してもよさそうですね。

「そこは考えていますね。玉露自体は何もしなければ衰退する産業です。どこまで伸びるかはわかりませんが、リタイヤする人と新規参入する人とちょうど折り合いがつけられればと考えていますので、新規参入者のハードルはなるべく下げておきたいですね」

ー将来的な見込みや方針があれば教えてください。

「このデータは大切な基礎情報になり得ると思います。今は観測するだけ、見るだけですが、得られた情報をきっかけに、茶園の病害虫対策や摘採適期を通知する仕組みづくりが将来できれば現状維持から増加の方に転じるものになると予測していますので、引き続き茶園の問題に向き合っていけたらと思います」

ーありがとうございました!

玉露のトップブランドをひた走る八女。しかしまだ品質のバラツキや煎茶と比較すると生産量は圧倒的に少ない。しかしIoTの導入は、一筋の光として設置から1年たたずして効果を出し始めている。「地元特産品」と聞くと、どうしても従来の方法で継続したほうが美味しいのではないだろうか、とも考えがちだが、自分たちの状態を感覚ではなく現実値として知ることで、無駄な作業に時間を使うよりも品質向上の施策に知恵と時間を使うことの方が、味は格段にレベルアップするに違いない。お茶は、その国の文化でもある。福岡の特産品としても日本の五感を牽引し得る存在としても、今後の八女には期待が高まるばかりである。

お話をお伺いしたDataLover:
福岡県農林業総合試験場
八女分場 分場長 
角重和浩(かどしげ・かずひろ)さん

広島大学卒業後に、現在の試験場に勤務。病害虫や土壌肥料の技師を務めた後に研究員として土壌中における農薬の動態解析や重金属等有害化学物質の浄化技術に関する研究を進めた。現在は分場長として八女茶の生産性向上における研究開発の管理業務をおこなっている。

(取材・テキスト・写真:フルカワカイ 動画:門岡香名実 企画・構成:野島光太郎)

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「テクノロジー」ランキング

人気のカテゴリ