Share!

Kaggleのランキング Grandmasterになるための条件は?

Kaggleのランキングについてより詳しく見ていきましょう。

ランクにはGrandmasters、Masters、Experts、Contributors、Novicesの5つがあり、最初は誰もがNovicesからスタートすることになります。

上位4ランクへの昇格条件は以下の通り。

Grandmasters ・5つの金メダル及び単独での金メダルを獲得
Masters ・1つの金メダル及び2つの銀メダルを獲得
Experts ・2つの銅メダルを獲得
Contributors ・プロフィールに自己紹介、居住地、所属団体を追加
・アカウントのSMS認証
・スクリプトを1行書く
・大会を一つ作るもしくはタスクを提出する
・1つコメントを残す
・ディスカッションでのupvote(賛成票)を投じる

Kaggle Progression System┃Kaggleより引用

これはあくまでコンペティションでの称号であり、Expert以上の場合、Datasets、Notebooks、Discussionsのそれぞれにまた別の昇格条件があります。2020年6月28日時点でGrandMasterの人数は187人、Masterの人数は1,435人と非常に狭き門であり、それらの称号はデータサイエンティスト界隈で大きな尊敬を集めるとともに転職市場などでも一定の評価が与えられることは想像に難くありません。DeNAのようにKaggleによるデータサイエンティストのランク制度を設けている企業もあります

終わりに

参加して損はない、データサイエンスの学びの場Kaggleについてご紹介しました。

英語サイトのためとっつきにくそうと思われた方もいるかもしれませんが、コードとともに説明されるため翻訳ソフトを駆使すれば存外意味が理解できるものです。

早速Kaggleに参加して、チュートリアルコンペ「タイタニック号の生存者予測」にチャレンジしてみましょう!

参考資料
・カレーちゃん「kaggleのチュートリアル。第4版公開しました」┃note
COVID-19 と戦う医療研究者に対するデータ サイエンティストの支援┃GoogleCloud
・原田慧「Kaggleで描く成長戦略~個人編・組織編~」┃SlideShare
・大越拓実「Kaggleで変える日本の機械学習活用」┃SlideShare
・@shimopino「内輪でやろう!KaggleのInClassコンペ」┃Qiita
Kaggleとは?機械学習初心者が知っておくべき3つの使い方┃codExa

宮田文机

<< Kaggleの参加方法と簡単なサイトの見方

1 2 3

Eye Catch Design by C.G.

[PR]無料ウェブカンファレンス|updataNOW20

[PR]無料ウェブカンファレンス|updataNOW20

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ