BIツール「MotionBoard」との“共創”で生まれたデータ活用の最新事例

Share!

「自社の事業にIoTを取り入れたい」。そうした経営方針が示されると、担当者がまずするのがソリューション探しだ。しかし、展示会に足を運び、パンフレットを集めても、何がどう自社の役に立つのかが今ひとつピンとこない……。そんな経験に悩んではいないだろうか?
社内にデータは確かにある。それも日々膨大な量が生まれ、蓄積されているのも分かる。しかし、その量に圧倒されているだけでは、適切なデジタル・ソリューションとは出会えない。膨大なデータの中から、自社の価値向上に役立つデータを見極める。さらには、価値あるデータを生み出し活用する。その展望を持ってこそ、はじめて自社にとって有益なIoT活用の道筋が見えてくる。一方、企業ごとのITソリューションは、“共創”により新たなデータの価値が続々と生まれている。2017年4月14日、恵比寿のウエスティンホテル東京で開催された「WingArc Partner Conference 2017」では、セッションと併せて複数の企業がブース出展。さまざまシーンでBIツール「MotionBoard」と連携することで、新たなデータ活用、データの価値化を開発した企業の担当者に、「それって何の役にたつの?」という質問を直球で投げてみた。そこには、「IoT」を単なるキーワードで終わらせないための、データ活用、可視化、価値化のヒントがあるはずだ。

“にぎわい”の中身をデータ化して顧客対応の次の手を考える

“にぎわい”の中身をデータ化して顧客対応の次の手を考える

株式会社アロバは、監視カメラ録画システムで培った技術で、顧客対応の新しい切り口を提案。ネットワークカメラと画像解析を組み合わせた店舗マーケティングソリューション「アロバビューコーロ」を開発し、半年で約40社に提供している。従来、来店客の情報は、会員カードやPOSの情報など、何かしら行動を起こした顧客のみのものだった。来店したが、コンバージョンに至らなかった「目の前にいたはずの見込み客」との関わり方を実現したのが同ソリューションだ。

株式会社アロバ

店内に設置されたカメラが来店客を撮影した画像から、その人物の「様子」を数値化して解析する。性別、年齢、さらには顔認証の技術を用いてIDデータとして登録。このデータはテキスト化され、画像そのものは消去されるため、IDデータが個人情報と結び付くことはない。しかし、再度来店時、データが90%以上の近似値であれば「同一人物」、つまり「リピーター」と判断することができる。さらに、人物の表情を解析することができ、「笑顔」や「困惑」を判断する。これを分析することで、品揃えや陳列などの効果を検討することが可能だ。現在は、小売店の店舗での利用が中心だが、その応用範囲は広いと言う。

「イベント会場など大勢の人が周囲にいても担当者が関われる人数が限られています。私たちもブースに立って、質問をされたり名刺交換ができたりするのは小数の方だけ。どんな人がブースに感心を持ち、どの程度その場にいて、どんな表情をしていたのか。従来、目の前にいながら“見えていなかった”ことが、データとして分かります。さらに『MotionBoard』と連携させることで、そうした人々の割合、年齢性別構成が自在に見える化を実現しました。顧客対応の迅速な判断、次の一手の検討などが容易にできるようになります」(株式会社アロバ担当者)

「にぎわいを創る」という言葉が目的化することも多いが、その「にぎわい」の実態と質をデータとして見ることで、施策の効果が客観的に判断できる。イベント会場、商業施設、レジャー施設など、その活用範囲はますます広がっていくだろう。

生のデータにひと手間加えて良質の素材にする

株式会社ソルティースター 様

生のデータにひと手間加えて良質の素材にする 
株式会社ソルティースター

株式会社ソルティスターの「SALTYSTER」は、IoTの根っこの課題にメスを入れたミドルウェアだ。デモでは、太鼓を叩く熊の人形の頭にセンサーが取り付け、さまざまなデータを収集する。そこから生まれる膨大な生データには、必要なデータもあれば、気温といった1時間に1回程度の傾向が分かればいいもの、さらには雑音でしかない不要なものもある。そうしたものをそのままDBに上げ続けるのは、データ送信コストに加え、その先のクラウドでの分析精度も劣化させる要因となる。そこで「SALTYSTER」は、データの発生現場の近くで生データを高速処理で一次分析し、さまざまなモードで扱えるようにした。

生データをそのまま上げる、生データのゴミやノイズをフィルタリングして有効なデータだけを送る、一次分析した結果のデータだけを上げる、分析結果と生データの両方を上げるモードなどが選べる。さらには「SALTYSTER」内に生データをためているので、後からそれを取りに行くこともできる。これにより、データ送信、クラウドのCPUやメモリのチャージなど、コスト全体の大幅な削減が期待できると言う。
「さらに『SALTYSTER』は、分析結果を判断してデータの発生元の制御を行うことができます。たとえば上げたデータがクラウドまで行って分析され、不備を見つけてフィードバックするのに数百secの遅延がある場合、『SALTYSTER』段階で判断できれば、数十分の1、数百分の1の時間でフィードバックが可能になります。工場はもちろんですが、医療現場、要介護者の見守りなど、その活用範囲は幅広いと考えています」(株式会社ソルティスター担当者)

膨大なデータには大きな可能性が秘められた素材に発生現場の近くでひと手間かける。まるで生鮮の鮮度を保ち、上質の料理の素材に欠かせない下ごしらえをしているかのようだ。しかもその取り扱いに「プロのワザ」は不要だと言う。
「簡単な定義ファイルで各種クラウドと連携します。さらに『MotionBoard』と連携して、『SALTYSTER』の一次分析などリアルタイムでの状況把握も可能です。データをただ集めるのではなく、誰もが扱いやすいものにすることで、活用の可能性は大きく広がります」(株式会社ソルティスター担当者)

工場の全ラインの状況をリアルタイムで把握する

株式会社テクノツリー 様

株式会社テクノツリー

株式会社テクノツリーは、以前から工場現場での業務を電子化する「XC-Gate」を提供。タブレットによる設備のPLC情報の確認や、担当者の帳票入力を行うなど、現場の見える化で生産性の向上に貢献してきた。今回、「MotionBoard」と連携することで、工場内のさまざまな設備のPLCから集めたデータをダッシュボードで自在に確認できる「XC-Gate」を開発。新たに何ができるようになったのかを聞いた。

「PLCの『製品を何個作った』『何個の不良が発生した』というデータに、さらに『何㎜の厚さの不良が発生した』『どんな状況で発生した』といったさまざまなデータも計測し、それらを『MotionBoard』に蓄積して分析結果をいつでも誰もが確認できるのが特徴です」(株式会社テクノツリー担当者)

従来、PLCのデータは、個々の設備の動作確認程度であった。これら「機械の情報」と、各担当者の帳票業務などの「人の情報」をBIツールに集約することで、工場内全ラインの状況把握できるようになった。

「予防保全と呼びますが、ラインを止めない現場を実現するための取り組みが可能になります。また、従来は設備のエラーは、ランプの点灯で知らせることが一般的でした。このシステムでは、タブレットにプッシュ通知で知らせることで作業効率の向上も支援します」(株式会社テクノツリー担当者)

データの活用の先に「人がどう働きやすくなるのか?」「人が何に気づけるのか?」を考える。そこにデータとどう向き合うかのヒントがあるようだ。

あらゆるデータソースに手が届き、誰もが使える

あらゆるデータソースに手が届き、誰もが使える

CData Software Japanの「CData Drivers」は、身の回りのあらゆるデータの使い勝手を良くするツールだ。業務のクラウド化が進み、あらゆる事柄がデータとして保存される一方で、その取り出し方が新たな悩みとなっている。アプリケーション毎にAPIが、従来のRDB(関係データベース)のように統一された仕様ではないため、“そこにある”のに他の目的に取り出せないデータが増えているのだ。

あらゆるデータソースに手が届き、誰もが使える
CData Software Japan

「データのことはSI屋さんに頼めば何とかなる。そう思うかもしれませんが、毎年20は増えるアプリケーションがあり、さらに個々に毎年アップデートをくり返す。そんなアプリケーション毎のAPIへにつなげ、それを維持するのはたいへんな手間です。『CData Drivers』はその名の通り、クラウド内のさまざまなアプリケーションのデータとつながることができるドライバーです」
(CData Software Japan担当者)

BIツールを導入するなら、さまざまなデータを素材に分析を行いたい。しかし、さまざまなアプリケーションに分散しているデータには手が届かない。そんな状況が一変することで、「データ活用」という言葉の意味も大きく変わると言う。

「『MotionBoard』のようなBIツールは、データ素材が多ければより良い分析結果を可視化し、誰もがデータを業務に活かすことができます。また、『CData Drivers』はExcelにデータをはき出し、そこで加工して戻すことができます。まるでSNSアプリケーションで書き込むような感覚で、『データ』が業務の中で活用できます」
(CData Software Japan担当者)

すでに連携が可能なAPIは約80。今後もその数は増えていく。クラウド利用が当たり前になり、複数のクラウド利用も必要な状況に欠かせないものとなりそうだ。

どんな業務の現場にもデータがあり、そこに価値を見いだせば、方法は必ずある。
「データのじかん」では、今後も、そうした新たなデータ活用を随時紹介していく予定だ。

WARP(WingArc1st Relationship Program:ワープ)
についての詳細はこちら