Share!

IoT(モノのインターネット)の活用が進む製造業。機械をインターネットと接続することで人間だけでは不可能なデータの取得や問題の見える化、効率的な製造ラインづくりができるスマートファクトリーに各企業の注目が集まっています。

そんなスマートファクトリーに関する技術・サービスを紹介するイベント「スマートファクトリーJapan2019」が6月5日~7日の3日間、東京ビッグサイト青海展示場で開かれました。来場数速報によると、およそ4万3000人がこのイベントを訪れました。

人手不足、ベテラン社員の引退、稼働率の低下といったさまざまな課題解決にIoTは役立ちます。

今回のイベントにどんな出展があったのかを早速ご紹介していきます!

データの可視化技術はさらに精度を高めている

スマートファクトリー製品が最も得意とする分野にデータの可視化があります。

ラインの稼働率やリアルタイムの在庫状況などのデータを記録し、わかりやすく整理してくれるのがその代表的な機能。詳細にまとめられたデータを分析することで改善ポイントや最適な運用方法が見えてきます。

データを取得しようにも、40年前から使っている自社の機械設備からデータを取得できるのだろうか……。そのような不安も現代の画像認識技術を用いれば払拭可能。例えばコネクシオのメーター読み取りソリューションは、制御盤やアナログメーターを取付式のカメラで撮影し、そのままデジタルデータへと変換してくれます。データ化した情報はウイングアーク1stDr.SumMotionBoardといったデータ集計・加工ツールと組み合わせることでさらに分析が容易になります。同じく画像認識技術をデータ取得に活用しているのがスプリームのMoptar。こちらはカメラで人の動きを記録し、工場内の動線や振る舞いを分析します。その結果効率的なモノ・人員の配置やヒヤリハットの発見が可能になるのです。

デジタル・アナログを問わず、あらゆるデータの取得が可能になりつつあるのが現代のデータ可視化市場だといえるでしょう。

時代は“手にしたデータをどう使うか”のフェーズへ

データの可視化の自由度が高まった現在、重要なのはいかに可視化したデータを活用するかということです。

その手法として代表的なのは必要なデータを分析しやすい形で見せてくれるBIツールを用いること。前述のDr.SumMotionBoardは、DataDrivenManufacturing(客観的なデータに基づいたモノづくり)をキーワードに、在庫状況や良品率などの知りたいデータをグラフやゲージといった見やすい形で確認できるようにしてくれます。厳選された情報だけを一画面で総覧することで今まで気づかなかった課題や改善点が見えてくるはずです。

より初歩的な段階からデータ活用を手助けするサービスを提供しているのがセゾン情報システムズ。同社のSimple Analyticsでは、日本電産株式会社がピックアップした60の質問項目を基に“現場にIoTを導入する体制が整っているか”から判断。導入後は標準分析機能を用いて知るべき情報を抽出し、90日間で成果を出せると銘打っています。

データを集めても活用しきれないという悩みは、IoT導入に着手し始めた企業につきもの。データを可視化した後どう活用するかまで見据えてスマートファクトリーに挑むことが求められます。

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ