Share!


ここがポイント:ウイングアーク1st株式会社も2021年3月に上場したばかりです!


みなさん、おはようございます。前回に引き続きアルファベットの略語の世界へようこそ。前回はIDK( I Don’t Know )とOMG( Oh My God )を勉強しましたが、今回はIPOです。

よく聞くけど意外と知らない、でも社会人的にはIDKやOMGよりも必要な知識かもしれないので、ぜひこの機会に覚えて帰ってくださいね。

ちなみに、IPOは Initial Public Offeringの略で…って聞いても、それ自体さっぱりわからないんですけどね(笑)。

えっと、日本語でいうと「新規公開株」とか「新規上場株式」とか言うそうです。つまり企業が株を公開することで、ありとあらゆる人がその企業に投資することができるようになるので、お金が集まりやすくなったり、信頼度が向上したりして色々とメリットがあるんだそうです。ちなみに、僕のクライアントでもあるウイングアーク1st株式会社は2021年の3月に上場したばかりなので、もしかしたら今回のテーマもそれと何か関係あるんじゃないのかなって勘の鋭いことで有名な僕は読んでるんですけど、どうなんでしょうね。

ちなみに、上場することで多額のお金が集まってくるっていうメリットも確かにあるんですけど、多くの人が投資家となるので、その人たちに向けた説明責任とかそういうのも派生してくるので、家族経営の会社とかはそれなりの規模でも敢えて上場しないっていうパターンもあるみたいです。

と、そんな話を聞いていたら、IPOについてより詳しく知りたい欲求に駆られてきたと思うので、ぜひこちらの記事も合わせて読んでみてください。

ちなみに上場の時って、鐘をカランカランって鳴らして「おめでとうございます!」みたいなことを一般的にはするらしいんですけど、ウイングアーク1stの上場の時は緊急事態宣言下だったんで、鐘を鳴らす場面はなかったそうなんですよね。ある意味、貴重というかちょっと残念というか。。。

ちなみにIPOって聞いて僕は最近飲んだおいしいビールを思い出したんですけど、よく考えたらあれはIPAでした(笑)

ちなみにIPAは India Pale Aleの略で、インドのビールかなぁって思われがちなんですけど、イギリス発祥のビール(ペール・エール)を、18世紀頃インドに送るために防腐剤として入れた「ホップ」が独特の苦みと香りを生んで、思いのほかいい感じだったってことで今でもそのスタイルが親しまれてるようです。

そんなわけで、IPOについてもIPAについても勉強になったところで、今週も読んでいただいてありがとうございます!僕も頑張って上場を目指したいと思います。あ、でももしかして、僕みたいな人…というか漫画のキャラって上場できないんですかね?んー、ちょっとよくわかんないですね。今回も結局結論はIDKって感じでした。

それではまた再来週お会いしましょう。

(時田大夢)


May the data be with you!  | データのじかんについて

 

イラストレーター:トツカケイスケ

埼玉県生まれ/東京都在住
明治大学理工学部卒業
デザイン制作会社にてグラフィックデザイナーとして勤務
2004年に独立、シュールな文章がクセになるブログやコミカルでカワイイLINEスタンプが好評。

イラストは漫画とは違う3つの作風(コミカル・キュート・クール)を持ち、子供をモチーフにしたシニカルな作品で海外の展示にも多数出展。

https://www.totsunet.com/

Twitter | Instagram


「データのじかん」はThe Data Empowerment Company「ウイングアーク1st株式会社」が運営するオウンドメディアサイトです。

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ