Share!


ここがポイント:アーダコーダウーダ


どうもみなさん、おはようございます。また月曜日がやってきましたね。今週は日曜日と祝日の間に挟まれた谷間のマンデーってことで、有給を活用して連休にしてる人が多いんじゃないかなぁー、もしかしたら誰も聞いてくれてないんじゃないかなぁーって思いながら話しかけてます。えー、みなさん、聞こえますか?

PDCAサイクルを回すって時々会社の人たちがミーティングで言ってたりするんですけど、実は僕あんまり意味がわかってなくて、なんとなくYMCAとかTDBCみたいなものかと思ってたんですよね。

でも、この間ちょっと気になって調べてみたらPlanDoCheckActの頭文字を取ったビジネスメソッドなんですね。

それを知っただけでまた1つ賢くなった気になっちゃったんですけど、最近はそれよりも実践的なOODAってメソッドがビジネスの場では頻繁に使われてるって話もついでに知っちゃいまして、結果的に2つ賢くなっちゃいました。

僕ってこう見えて学ぶのが好きっていうか、勤勉っていうか、勉強熱心っていうか、令和の二宮金次郎っていうか、学ぶ時間欲しさに移動中の電車でもスマホで調べ物して、気付けば下車する駅を通り越して、遅刻して怒られるていうのを繰り返してまして、なかなか失敗から学びません(笑)

それはさておき、このOODAっていうのは「オーダ」かと思いきや、ウーダって読むんですけど、「みるわかるきめるうごく」の4つの行動を高速で回転させるっていうのがポイントらしく、もともとはジョン・ボイドっていう戦闘機のパイロットだった人がアメリカ空軍向けに考えたんだそうです。

まぁ、PDCAもOODAも最後のAはActのAなので、つまり世の中は行動あるのみってことなんじゃないですかね。詳しくはデータのじかんの《図解》 PDCAとの違いは?現場に強いビジネスメソッド「OODA(ウーダ)ループ」とは?という記事を読んでみてください。

それにしても今日のミーティングはほんと疲れちゃいました。たくさん話すミーティングよりみんなで黙って座ってる方がよっぽど大変だってことが身にしみてわかったんで、また1つ賢くなっちゃったなって感じです。

そんなわけで、先週のマンガを見逃した方はこちらをどうぞ。1話目から読むにはこちらをどうぞ!「タイムくんの特集ページ」へはこちらから。それではみなさんまた来週!

(時田大夢)


May the data be with you!  | データのじかんについて

 

イラストレーター:トツカケイスケ

埼玉県生まれ/東京都在住
明治大学理工学部卒業
デザイン制作会社にてグラフィックデザイナーとして勤務
2004年に独立、シュールな文章がクセになるブログやコミカルでカワイイLINEスタンプが好評。

イラストは漫画とは違う3つの作風(コミカル・キュート・クール)を持ち、子供をモチーフにしたシニカルな作品で海外の展示にも多数出展。

https://www.totsunet.com/

Twitter | Instagram


「データのじかん」はThe Data Empowerment Company「ウイングアーク1st株式会社」が運営するオウンドメディアサイトです。

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ