Share!

みなさんは普段から仕事の効率について考えながらお仕事されていますか?

また、仕事の効率化について考えられたことはありますか? 日本はよく、労働時間は長いけれど生産性は低い、と言われてしまっています。生産性を上げるための方法はたくさん提案されていますが、やはり一人一人がそこに意識を向けていくことが最大の対応策だと考えられます。

データのじかんは、データ活用に関わる情報を提供していますが、仕事の効率化についても常日頃から研究をしています。今回は、普段の業務で気にかけると良いポイントについてまとめてみました。みなさんの業務効率化の助けになればと思います。

今回は仕事の効率化に役立つ、と我々が考えている効率化術を二つご紹介します。

仕事効率化術その1:スケジュールやタスクリストの前に自分の体と向き合う 

やらなくてはいけない仕事はいっぱいありますが、まず始めに自分自身の体調や気持ちと向き合うことが重要です。というわけで、効率化術の1つ目はスケジュールやタスクリストと向き合う前に、自分自身を向き合うという極めてアナログな方法です。

ポイント1: 起床時間と仕事のタイミングを合わせる


人間の体は目が覚めてから23時間ほど経過した頃が体のホルモンや、内臓の動きが活性化されるタイミングとなっていて、覚醒レベルが高まっている時間帯だそうです。

また、昼食後のすこし眠い時間を過ぎ、3時のおやつを食べる辺りからも同様に体は覚醒してきます。反対に普段睡眠を開始している時間帯の23時間前は体も休む準備を始めていますので、集中力を上げることが難しくなってきます。

もし思い当たることがあれば、集中して作業したい時と、会議の時間を意識して配置してみてはいかがでしょうか。

ポイント2: 人間の集中力は、朝起きてから13時間が限界


もう一つ1日の流れの中で集中力に関わる数字があります、 東大の島津明人准教授によると人間の集中力は朝起きてから13時間が限界とのことです。

日本人はそれこそ働きすぎだと言われていますが、通勤のため6時に起きているとすれば、午後の7時には集中力の限界を超えてしまい、効率が一気に落ちてしまいます。 

もし思い当たることがあれば、残業はやめて明日に回してしまいましょう~! 

ポイント3: 1週間や1ヶ月の流れを見なおす


人それぞれに仕事の進め方がありますが、1日の配分に加えて1週間や1ヶ月の流れにルールを作るのも一つの手です。たとえば、定例会議は月曜日に集中。水曜日は前日まで予定を入れず集中。毎月の第一営業日はチームでオフサイト、オフラインで創造的なワークショップ等々。

日々の仕事、タスクに追われていると自分自身の仕事の処理能力やキャパシティが見えなくなってきてしまいます。定期的なリズムの変化を作ることでリフレッシュしてあらたなアイディアがわいてくるかも知れません。 

定期的にタスクや仕事量の見積を見なおすのももちろん重要ですが、普段の「追われている」状況を打開するためのリズムを作ってみてはいかがでしょうか。 

続いて、仕事効率化術その2を見てみましょう。

1 2

[著]Wingarc1st Official The BLOG編集部
本記事はウイングアーク1st株式会社の運営するThe BLOGに掲載された記事を許可を得て掲載しています。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「TheBlogArchive」ランキング

まだデータがありません。

人気のカテゴリ