Share!

オンプレミス型とDaaSのメリット・デメリット

オンプレミス型には、安定したシステム環境を半永久的に利用でき、カスタマイズの自由度が高いというメリットがある反面、導入コストが高くメンテナンスに時間がかかるというデメリットがあります。

DaaSはオンプレミス型に比べ導入コストが低く、サービスプロバイダに管理を任せられることから運用が簡単というメリットがあります。しかし特にパブリッククラウドは不特定多数が利用することから、高いセキュリティを必要とする業務には向かないと言えるでしょう。

目的別に最適なDaaSを選ぶには

業界や業務内容によって最適なVDIやDaaSの形態は変化します。それぞれの特徴を以下の表にまとめてみました。

  プライベートクラウドDaaS バーチャルクラウドDaaS パブリッククラウドDaaS
コスト
運用
セキュリティ
カスタム性 ×
構築期間
対応サービス

Amazon Web Service(AWS)

Microsoft Azure

Google Cloud Platform

Amazon WorkSpaces

Microsoft Windows Virtual Desktop(WVD)

DaaSの勢いは止まらない

新型コロナウイルスをきっかけに導入が進んでいるDaaSですが、今回のパンデミックが収束してもその勢いが衰えることはないでしょう。最近では政府もその重要性を認めています。2020年3月、厚生労働省はテレワークを新たに導入する中小企業に対し、300万円を上限として導入費用を助成する働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)を立ち上げしました。(現在は募集終了)

官民の両サイドから注目が高まるDaaS。勤務先でDaaSの導入が予定されているという方はもちろん、Daasという言葉を耳にしたことがなかった方にも、基礎知識をお届けできたなら幸いです。

<< DaaSの3つの種類とは

1 2

Eye Catch Design by Go Uchida

「テクノロジー」ランキング

人気のカテゴリ