Share!

エッジコンピューティングという言葉をご存知でしょうか?

このエッジは「端」を意味しており、エッジコンピューティングとは「端末の近くにサーバーを分散配置する」というネットワークコンピューティングの技法の1つです。ここでいう端末とはスマートフォン(スマホ)などを指し、サーバーを端末の近くに配置するという方法です。

IoT(Internet of Things = モノのインターネット)という言葉が最近聞かれるようになりました。IoTとは、様々なモノがインターネットに接続され、モノがインターネット経由で通信することを意味します。具体的に言えば、今までパソコンやスマホのみが接続されていたインターネットに、家電、自動車、衣服などありとあらゆるモノが接続されるのです。一説ではこのIoTの進展により、2020年には接続デバイスの数は500億台にのぼると言われています。

IoTを導入するには、データをクラウドコンピューティングと連携させる必要があります。IoTの登場により、今まで得られなかった膨大なデータを得られるようになりました。そこで、多くのデータを効率よく処理するために、クラウドコンピューティングが求められたのです。スマホのような小さいコンピューターでも、クラウドコンピューティングの力を借りて複雑な処理を実現できます。

しかしながら、クラウドコンピューティングは、命令などの情報が様々な経路を通ります。スマホを例に挙げても、スマホから基地局、交換局、携帯電話事業者のコアネットワークから、インターネットにつながり、そこからインターネット内の接続ポイントにつながります。海外であれば、海外のネットワークを経由する必要があり、さらに時間がかかります。

スマホでデータ通信をする程度のことであれば、情報の遅延は問題ないでしょうが、サービスによっては、そうした遅延が許されないケースもあり得ます。例えば、製造ラインに並ぶ機械の制御などにおいては、ミリ秒単位でのレスポンスを求めるアプリケーションもあります。また自動運転車などは、リアルタイムな情報収集が必要になると思われます。そこで、考え出されたのが「エッジコンピューティング」なのです。

エッジコンピューティングのもう一つのメリット

エッジコンピューティングのもう一つのメリットは、「持続可能性の担保」です。災害が起こった際、ネットワークの障害が問題となります。特に会社の業務をすべてクラウドに依存している場合、業務を持続させることが不可能になってしまいます。そこで、ビル内(もしくは工場内)にエッジコンピューティング環境を構築しておくことで、BCP(事業持続計画)を運用できるのです。通常時には情報の遅延対策、非常時にはBCP対策を取れるという意味で、エッジコンピューティングは受けられる恩恵の大きいシステムなのです

ところで、IoTの実現と同様、エッジコンピューティングの実現にも様々な企業や団体の協力が必要です。現在エッジコンピューティングを取り巻く環境は、システム構成や管理方式などの標準化や、普及に向けた業界団体での取り組みが始まっている段階にあります。IoTの導入に関しても、まだまだ普及しているとは言い難く、仮に導入している企業でも、モノからデータへの変換はリアルタイムに把握できるというところが大半だと思います。そのため、エッジコンピューティングの導入に関しては、まだまだ先の話のように思える人も多いのではないでしょうか?

しかし、昨今の技術の進歩の速さを考えると、エッジコンピューティングの導入が必要になる状況も、近いうちに訪れると思われます。IoTの急速な発展によって対策が後手に回らないようにするためにも、今のうちから準備しておくことが必要だと思います。

(安齋慎平)

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ