Share!

2018年5月9日から5月11日の3日間に渡り、東京ビッグサイトで開催された第7回IoT/M2M展を取材した。

同時開催されている今が旬のAI・業務自動化展ほどの混雑状況ではなかったが、参加者一人一人のIoTへの関心度は高く、あちこちのブースで熱の入った商談が繰り広げられていた。

このイベントには無線通信技術やセンサー、遠隔監視、生産管理に関するアプリケーション、AIを活用したデータ分析など様々なソリューションを有するベンダーが集結する。M2MとはMachine to Machine(機械から機械へ)の省略形で、機器間の通信を意味しており、機械と機械が連動することにより、例えば、工場などあらゆる現場でのエラー検知をリアルタイムで行うことができる。一般的には、常に多数の精密機械を管理する必要性を抱えている製造業と相性が良いと言われており、導入する企業は増加傾向にある。

製造の機械の管理などは、もともと人が行なっていた作業を自動化する種類のIoT事例だが、これまで取得できなかった、または取得することが困難だったデータがIoT技術を活用することで集められるようになる事例も数多く存在する。また、少ない消費電力で、数キロ単位の遠距離通信を実現させるLPWA(Low Power Wide Area)などの通信方式の実用化により、これまで導入するに当たって大きな障害となっていた通信コストを大幅に抑えることも可能となってきている。

海洋環境を見える化してくれるICTブイ

ICTブイは、文字通りICT機能が搭載されたブイだ。

NTTドコモによって実用化され、すでに牡蠣や海苔の養殖場などに導入されている。ICTブイには水温センサーおよび塩分濃度センサーが実装されており、溶存酸素(DO)、クロロフィル、濁度などのセンサーを搭載することも可能だ。

計測データは1時間に1度、ドコモの通信ネットワークを通じてクラウドサーバーへと送られ、ユーザーはアプリを使ってスマートフォンからデータを確認することができる。これにより、1時間ごとの水温を記録しておくことが可能となり、以前は取ることが困難だった水温の変化、塩分濃度の変化を細かく把握することができる。また、漁場の状態確認にかかる燃料コストや現場での作業量を削減するというメリットもある。

農業とIoT

IoTを活用した農業はスマート農業と呼ばれ、農業とIoTは基本的にとても相性が良いと言われている。

だが、この手のテクノロジーが農業で使われるようになったのは、つい最近のことだ。実際、テクノロジーやデータを使って農場を管理している農家は少しずつだが増えつつある。例えば、ベジタリア株式会社は「経験戦」ではなく、「情報戦」で農業に挑んでいるベンチャー企業だ。フィールドサーバと呼ばれる屋外モニタリングシステムを活用し、温度・湿度・照度・降雨量・風向・風速・土壌温度・含水率・EC・CO2濃度(ppm)などのデータを常に測定している。従来は農場に足を運ばなくては得られなかったデータを数値化してスマートフォンからモニタリング。

また、農業現場で蓄積されたデータを分析することで、病害虫の発生を抑え、最適な栽培環境の実現を目指している。データが数値化され、蓄積されていくことで、将来的には作物の品質をより向上させ、収穫量を増やすこともできるようになるだろう。

IoTで牛の体調管理

デザミス株式会社がNTTテクノクロスと共同で開発したU-Motionは、専用のセンサーを使って牛の行動を24時間観察してくれるモニタリングシステムだ。

加速度センサー・気圧センサー・位置検出センサーなど複数のセンサーを使って牛の行動をモニタリングするため、「採食、飲水、反芻、横臥、起立、歩行」などの行動を幅広く測定することが可能だ。これにより、発情だけでなく、体調不良の予測までをも可能にしてくれる。

また、出荷間際になると牛は体重が900キロを超え、体重が重すぎて起き上がれない、という状況になることがしばしばある。この起立困難な状態が長く続くと死に至ることもあり、かねてから問題視されていたが、全ての事故を防ぐことは困難だった。U-Motionは起立困難な状態の牛を検知し、携帯電話へアラートを飛ばすことができるため、迅速な対処が可能となり、事故防止のために頻繁に行っていた見回りの手間も省くことが可能となった。

古い機械でもIoT化できる!?

上記の例の場合は、機械を新しく導入することでIoT化が実現されているが、工場などの場合、数多くの機械がすでに導入されていて、その全てを入れ替えるわけにはいかない、または機械が古く、データを出力できない、という場合も多々ある。

そんな場合に役に立つのが、ウイングアーク1stのブースで紹介されていたカメラを使って数値を読み取る「SOFIXCAN Ω Eye(ソフィックスキャン・オメガ・アイ)」だ。これはカメラが読み取った映像から文字を認識し、データ化してくれるので、カメラを取り付け、操作パネルを撮影するだけでどんなに古い機械でもネットワーク接続が可能となる。これにより、異なるメーカーの機械でもネットワーク化でき、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどによる遠隔監視が可能となる。

また、トラブルが発生した場合には、メールでアラームを受け取ることができるため、現場につきっきりで人がいなくても機械トラブルを検知できる。アラームが発生する30秒前からの動画が自動保存されるので、それを確認することでトラブルの原因を探ることも可能だ。現場で監視する必要もなくなるため、作業者の負担も軽減でき、文字データを手書きで記録する煩雑な作業からも解放される。

まとめ

今回紹介した事例はほんの一部だが、漁業、農業、畜産、製造業など実に多種多様な業界でIoT化が進められていることが確認できる。

ネットワーク化することで、リアルタイムのモニタリングを行うためのリソースを軽減できるだけでなく、データを蓄積していくことで、経験や感覚ではたどり着くことが不可能な新たなアプローチも今後生まれてくるだろう。特にこれまでデータがなかった領域ほどIoT化によるメリットは計り知れない。と同時に、蓄積されたデータの活用はIoT化における大きな課題となっているのも事実だ。

2020年には、1000億ものIoT/M2Mデバイスがインターネットにつながる、と言われている。車の自動運転や健康管理、照明のコントロールや家電製品の操作など、今後、IoTはより我々の生活に深く浸透していき、より身近なものとなる。まだその歴史は始まったばかりだ。今回のIoT/M2M展は、IoTが持つ無限の可能性を垣間見ることができる充実したイベントだった。IoT(モノのインターネット)が、IoE(Internet of Everything = 全てのモノのインターネット)へと進化する日もやってくるだろう。

(データのじかん編集部)

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ