Share!

身近な金融サービス、FinTech。その幅広い利用度

金融サービスの大変革とも言えるフィンテックですが、なんとなく難しそう、よくわからないと感じる人もいるでしょう。

しかし、フィンテックは金融やIT分野の専門家だけの専門用語ではありません。実は、私たちの身近なところに金融サービス・フィンテックは存在し、まさに日常的に利用しているのです。

その一例として、スマートフォンによるモバイル決済があるでしょう。これまで商品を買う際クレジットカードでの支払いの場合、カード決済端末にカードを通し、電話回線を通してカード情報を通信させ、決済を行っていました。しかし、フィンテックを利用したモバイル決済の場合は、スマートフォンの電波でクレジットカード決済が行えるため、財布を持たずにスマートフォンだけで買い物が可能なのです。

さらに、クラウドを活用した家計簿システムも、フィンテックのサービスの一端です。従来、家計簿はレシートや領収書を一つひとつ確認しながら記帳し、手間がかかるものでした。こういった手間のかかる帳簿つけなどを、簡便にしたのがクラウド家計簿です。クレジットカードのWeb明細や電子マネーの利用履歴をまとめ、仕訳してくれるため、収入と支出の流れが把握でき非常に便利です。フィンテックは、こうした身近なところで幅広く利用されています。

なにかと話題の仮想通貨はFinTech?

ところで、話題になっている仮想通貨とフィンテックの関係性はどうなのでしょうか。

仮想通貨といえば、ビットコインやイーサリアム、コインチェックから盗まれたことで話題になったネムなどがあります。仮想通貨はその名の通り、現実世界で流通している通貨ではなく、電子データのみで取引される仮想の通貨です。公的金融機関を持たず、インターネット上での取引に限定されるため、むしろ仮想通貨はIT技術なしでは生まれ得なかった概念と言えます。

仮想通貨とフィンテックの関係性については、フィンテックは決済に多く用いられる金融サービスであるのに対し、ビットコインなどの仮想通貨は投資・運用できる金融商品かのように投機的なものだと理解されている、という大きな違いがあります。しかし、一方では仮想通貨はフィンテックのサービスとして分けられている面もあります。仮想通貨については情報や資産流出など、セキュリティ面などで課題もありますが、注目を集める金融分野であることに変わりはないでしょう。

法整備など、仮想通貨を取り巻く環境も変化しつつあります。仮想通貨という金融商品の決済にフィンテックのサービスを用いるなど、仮想通貨サービスの発展性に、ますます期待がかかることでしょう。

1 2 3

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「テクノロジー」ランキング

人気のカテゴリ