Share!

第4次産業革命の事例

第4次産業革命が進行する世界では、発生する事象について詳細な情報を得ることができるため、これまでの生活が一変するといわれています。

例えば、ものづくりの現場では大量生産ではなく消費者のニーズに合わせた個別一品生産が可能になるため、既製品を選ぶのではなくオーダーメイドが主流になります。また、住宅などではそれぞれの家電がインターネットに直接つながるため、外出先でスマートフォンなどから冷蔵庫の中にある食材をチェックして夕食の献立を考えることもできるようになり、廃棄食材を減らせるようになるかもしれません。

また不法侵入者に対するホームセキュリティアラートなどもリアルタイムで受信できるため、警備会社などと連携したセキュリティ対策も可能になります。

(データのじかん編集部)

<< 第4次産業革命の流れ

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「社会」ランキング

人気のカテゴリ