industry4.0

Share!

第4次産業革命とは?

「第4次産業革命/インダストリー4.0」は、ドイツ政府が推進し、アメリカなど欧米各国で急速に人材育成が進む製造業に関する技術革新プロジェクトによって知られるようになった概念です。第4次産業革命では情報技術を駆使して製造業の最大効率を追求します。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)により、工作機械などそれぞれのモノ自体が直接インターネットに接続され、装備されたセンサーでリアルタイムに情報収集を行います。収集された情報はビッグデータとして集積されて、解析・分析されます。さらに、AI(Artificial Intelligence:人工知能)により、解析されたデータはただちに自律的に管理される生産設備の制御に利用されます。このような製造業の革新のみならず、社会的側面においても同様の変化の波が押し寄せるとされています。 

第4次産業革命の流れ

「産業革命」とは、技術革新によって産業だけではなく社会そのものが構造的変革に遭遇するエポックメイキングな状況を指します。人類の歴史では過去に、3つの産業革命がありました。18世紀の英国から始まった「第1次産業革命」。これは石炭燃料や蒸気機関という動力に牽引されました。19世紀末になると、燃料が石油に変わり、内燃機関の燃料とした強力な動力源が誕生します。同時に、火力や水力による発電によって電力が一般化していきます。このようなエネルギー環境の変化は大量生産を可能にし、大量消費社会を生みました。これを「第2次産業革命」と呼びます。20世紀後半にはパーソナルコンピュータが登場し、そのデジタルテクノロジーを最大限に活かし、そのコンピュータ上で最適解を導き出す生産様式が現在の主流になっています。これを「第3次産業革命」と呼びます。「第4次産業革命/インダストリー4.0」は、そのような歴史的経緯を背景として、インターネットを介してより濃密で迅速な情報コミュニケーションを目指す新たな社会構造の変革期なのです。

第4次産業革命の事例

第4次産業革命が進行する世界では、発生する事象について詳細な情報を得ることができるため、これまでの生活が一変するといわれています。例えば、ものづくりの現場では大量生産ではなく消費者のニーズに合わせた個別一品生産が可能になるため、既製品を選ぶのではなくオーダーメイドが主流になります。また、住宅などではそれぞれの家電がインターネットに直接つながるため、外出先でスマートフォンなどから冷蔵庫の中にある食材をチェックして夕食の献立を考えることもできるようになり、廃棄食材を減らせるようになるかもしれません。また不法侵入者に対するホームセキュリティアラートなどもリアルタイムで受信できるため、警備会社などと連携したセキュリティ対策も可能になります。