Share!

RPAとは、「Robotic Process Automation」の略で、これまで人が行ってきた事務作業をロボットが自動的に行うシステムのことです。ロボットとはいっても産業用ロボットのようなものではなく、ソフトウェアをイメージするとわかりやすいでしょう。
人が行ってきた作業の中でも、旅費や給与などのデータ入力、データ収集や分析、膨大なデータをもとにした経営管理まで、幅広い業務を自動化できるとして期待されています。
つまり単純作業だけでなく、学習や知的作業が必要な業務も自動化されるようになるのです。

RPA導入の背景とは!?業務の効率化と労働力の補完

労働力の減少が著しい日本では、今後人手不足に拍車がかかると見られています。
また、労働者の需要が高まるにつれ、賃金も高くなる傾向にあります。今後も優秀な人材を安定的に確保できるか見通しが立たない状況です。
そのような背景の中、企業にとっては業務の効率化が大きな課題となっています。RPAの登場により、業務の効率化を図ることができるかもしれません。

業務の効率化だけじゃない!?RPA導入のメリット

RPA導入のメリットは、人件費が削減できるということです。導入にかかる費用や維持費を考慮しても、コストパフォーマンスが高いと言えます。24時間作動できるので、生産性の向上にもつながるでしょう。
業務を自動化できるだけでなく、ミスなくこなせるというのも大きなメリットです。長時間の作業も、正確に行うことができます。また、学習機能や言語解析機能など従来より進化している機能もあり、業務の変化にも柔軟に対応することが可能と言われています。

RPA導入で未来の仕事が変わる!?

事務作業の自動化といっても、具体的にどんな業務に対応できるのでしょうか。現在、RPAの導入で、最も効果が期待されているのが、人事や経理、総務部門などにおける事務処理作業です。特に、繰り返し行う単純作業を得意としています。
将来的には、これまで人が行ってきた業務を自動化することにより、膨大な事務処理作業が削減でき、その分の時間で、労働者は今より柔軟なワークスタイルを実現できるようになるかもしれません。
RPAは、企業の生産性を上げるだけではなく、労働者がより高度な仕事やプライベートに時間を使うことを可能にすると考えられています。RPAの普及により、人の生活がより豊かになることが期待されているのです。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ