Share!

IoTが世界の製造現場に大きな変化をもたらしています。しかし、日本企業はデータ活用の流れに乗り遅れ気味なのが実際のところ……。その原因は現場、経営層、金融機関すべてに関わるデジタルトランスフォーメーション(DX)の意義が十分に浸透していないから、と言われています。

そんな状況を変える可能性の一端を担うのがIoTの最新情報を共有するイベント「iSTC Evolution TOKYO 2019」。2019年9月12日、ウイングアーク1stイベントスペースで開かれました(前編はこちら)。

後編の登壇者は、サプライヤー、メーカー、金融などさまざまな立場で一線を走る5名のプロフェッショナル。

ニュースコメンテーターやラジオ解説者も務める小泉耕二氏を司会に、それぞれの立場から見たデータ活用の今とこれからについて話し合ったパネルディスカッションの模様をお届けします。

出典:Schoo

見える化するのは誰のためなのか?

小泉:まずはこちらのデータを見てください。日本の製造業における「生産設備導入からの経過年数」が示されています。金属工作機械、第二次金属加工機械、鋳造装置のいずれにおいても10年以上使用されている装置が50%近くを占めており、そのうち20%以上は20~30年の間使用されている機械ですね。このデータについてどうお考えですか、福本さん?

福本:このデータのように古い機械を扱う工場が多く、日本のモノ作りは熟練の工員の支えで成り立っている傾向があります。しかし段々と生産年齢人口が減っていくなかで本当に暗黙知の継承だけでやっていけるのでしょうか? 業務のデータ化による知恵の継承が必要だと考えて私は工場の刷新に取り組んでいます。

小泉:中手企業だけでなく大企業でも設備が古いということはありますか?

福本:あります。大企業であっても30~40年前の機械が現役で動いていることも珍しくありません。その点中国なんかはここ数十年で急速に産業が発展していますから、最新設備の導入が進んでいます。スタートラインが違うんですね。そして最新設備は能力が高く取り扱いの難易度も低いです。日本は他国に遅れ気味ですね。

小泉:データ活用を支援する側であるウイングアーク1stの大畠さんはこうした現状をどうとらえていますか?

大畠:うちはハードウェアベンダーではありませんが、データ活用に企業さんが課題を抱えていると感じることは多いですね。古い機械が未だに現役の企業も多い。iSTCさんのセンサーであればそれらにも対応できるのですが、現場の方から抵抗感を示されることもあります。

小泉:それはどうしてなんでしょう?

大畠:そもそも運用が変わることに対する抵抗感があります。それにデータをとってみるとそれまで手動で記録していた数値とセンサーの数値に乖離があることも。その違いを見て「ちゃんとデータをとっていなかったんじゃないか」と責められる不安があるという方もいるでしょう。

木村:古い機械が使えればそれに越したことはありませんしね。現場の方が抵抗感を示す理由は複合的ですが、重要なのはそもそも現場にどんなメリットがあるのかをしっかり示すことでしょうね。

小泉:スマートファクトリー化が現場に与えるメリットにはどのようなものがあるのでしょう?

木村:旭鉄工の場合、数値で成果が見えることで現場のモチベーションが高まりました。そもそもデータの取得や改善に負担がかからない設計にしたことが導入を進めたんだと思います。改善というと生産性を上げるために現場を鼓舞する、頑張らせるというイメージを持たれがちですが、うちは必ず現場が楽になる改善をしています。

福本見える化するのは誰のためなのか? を考え抜くことが大事ですよね。

大畠:同感です。そのために弊社はデータの価値を伝えていきたいです。現場においてデータは存在するにも関わらず見える化されていないことが多い。見える化することで改善に対する意識は変わるはずです。データを資産として眠らせず、KPIなど具体的な指標として活用し、価値にしていきましょう。

1 2 3

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「データ活用」ランキング

人気のカテゴリ