Share!

ビッグデータと聞くと、その名前の通り「膨大なデータ」や「巨大なデータ」というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

もちろん、それはそれで間違いではありませんが、ビッグデータは単なる大量のデータ、という存在よりも大きな可能性と危険性を秘めているのです

ビッグデータとはユーザーが意識的に作成する組織などで管理されているデータのみを指すものではありません。実際には、ユーザーがあまり意識していない、例えばインターネットのとあるページにアクセスしただけで発生する「履歴」のようなデータがビッグデータの大半を占めているのです。

生活の中にあるビッグデータとは?

ビッグデータの定義は広範囲に及びます。SNSで何かをつぶやけば、データの仲間入りを果たすでしょう。

それどころか、SNSにアクセスした「時間」、「回数」、「どのSNSを利用したか」などの情報もビッグデータだといえます。多くのメディア、SNSは利用規約で「情報を二次利用する可能性」を示唆しており、現代人のネット活動は企業、組織によって管理されているのが常識です。

ビッグデータは現代人の日常生活と切っても切れない関係にあるのです。ビッグデータを分析すればマーケティング調査などには役立ちます。ですが、過度にデータを収集したり、使用したりした場合、「監視社会」「プライバシーの侵害」という領域に足を踏み入れてしまうことにもなり、慎重な意識が求められます。フェイスブックが有していた8700万人分のユーザーの個人データが不正に第三者に渡され、2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策に活用されたことを報じたニュースも記憶に新しいところではないでしょうか?

心から笑える?ブラックなビッグデータのジョーク

Tamr社のCEO、アンデイ・パルマー(Andy Palmer)氏は2017年2月、東京のイベント「Big Data Analytics Tokyo」に出席し、ユニークな発言を残しました。

ビッグデータを活用する前には「セクシーでない仕事が待っている」と冗談交じりにスピーチしたのです。パルマー氏の言う「セクシーでない仕事」とはビッグデータを解析するうえでの「データの統合」です。ビッグデータを解析するにはできるだけ多くのデータ量が求められますが、さまざまなドメインにあるデータを統合するのは非常に困難です。「Tamr社のソリューションなら可能」という宣伝につながるジョークですが、ビッグデータの問題点を言い表しています。

ビッグデータ収集のため、SNSと企業が結託し、市民の個人情報を取引していたなどの報道もなされました。こうした状況をアート作品にして笑い飛ばしたのが芸術家、ヤコブ・ゲルトナー(Jakub Geltner)氏です。ゲルトナー氏は世界各国のビーチ、観光地などに監視カメラを大量に仕掛け、監視社会を表現しました。どこからどう見ても人の気配などない海岸に設置された無数の監視カメラはおかしくもあり、「世界のどこにいてもパーソナルデータは保護されていない」という鮮烈なメッセージでもあります。

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ