Share!

CSVファイルをExcelに取り込む際の注意点と対処法

互換性の高いCSVファイルですが、Excelに取り込む際、いくつか注意すべき点があります。

【1】数字列の頭から続く「0」が消えてしまう

数字列の頭から続く「0」がCSVからExcelにファイルをインポートすることで消されてしまう場合があります。例えば「001」が「1」に変換されてしまうような現象で、一般に「0落ち」などと呼ばれます。

【2】数列や番地が日付に変換されてしまう

「2019-5-1」「港区2-3-4」といった数列や番地の記述が「2019/5/1」「港区2002/3/4」というように日付に勝手に変換されてしまう現象です。

【3】「年/月」形式の記述が「英語の月名-年の下2桁」に変換されてしまう

「2019/5」といった年月の記述が「Jun-19」のように変換されてしまう現象です。

【4】カッコつきの数がマイナスに変換されてしまう

「(1)」などカッコつきの文字が「-1」に変換されてしまう現象です。

●上記の注意点の対処法

上記のような問題を発生させない対応として、以下の2つが挙げられます。

1.「Power Query」を使う

Excelのデータ分析用アドイン「Power Query」を使う方法です。

Excel上部のメニューバーの「データ」タブから「データの取得と変換>テキストまたはCSVから」をクリックし、開いたウィンドウで「データの変換」を選択。開かれた「Power Query エディター」で「クエリの設定>適用したステップ」に表示された「変更された型」を削除します。 プレビューで設定が反映されたことが確認出来たら「閉じて読み込む」を選択しましょう。

2.CSVをテキストファイルに変換する

CSVの拡張子を「.csv」から「.txt」に変換する方法です。

変換は「ファイルを右クリック>名前を変更」で手打ちすれば簡単に行えます。 テキストファイルの読み込み時は「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択したうえで「次へ」をクリック。2ページ目で区切り文字に「カンマ」を指定し「完了」でそのまま読み込めます。

まとめ

CSVファイルとExcelファイルの違いや使い方についてまとめました。記事中でご説明したように、2つのファイルは似て非なるものです。

それぞれの扱いに迷ったときは「CSVファイルは互換性、Excelファイルは装飾・機能の自由度」と基本の考えに立ち返ってみてください。

参考URL
CSVファイルとExcelファイルの違いは何か┃グローウィン有限会社
エクセルCSVデータが勝手に変わるのを防ぐ 文字列読み込み法┃経理・会計事務所向けエクセルスピードアップ講座

宮田文机

<< Excelファイルを使うべき場合

1 2

「テクノロジー」ランキング

「殿堂入り」ランキング

人気のカテゴリ