Share!

   

2020年5月30日、Zoomを使ったオンラインイベントとして『S1グランプリ』(正式名称「Sales No.1 Grand Prix」)が開催され、一次選考・二次選考を通過した4名のトップ営業パーソンが、オンライン商談のTipsやノウハウを披露し、トップの座を競った。第2部では、登壇者とゲストによるパネルディスカッションが行われ、その中でもウィズコロナ時代の営業について意見が交わされ、同イベント全体を通して、今後の営業(商談)を含むビジネスの進め方について、示唆に富んだ内容となった。本記事では、イベントの内容をお届けする。

営業スキルはあらゆるビジネスパーソンの自己実現をかなえるスキル

Sales No.1 Grand Prix 運営代表の釣田翔氏(写真右)と当日の司会進行を務めた小林千夏氏(写真左)

S1グランプリは、これまでオフラインにて3回の開催実績があり、今回も当初は500名規模のオフライン大会が予定されていた。しかし、コロナウイルスの影響により、急きょ、オンライン版のスピンオフイベントとして開催されることになった。

イベントの冒頭、大会代表を務める釣田翔氏(株式会社RocketStarter代表取締役)は、開会あいさつとして次のように述べた。

「Sales No.1 Grand Prixは『営業というチカラで、自己実現を』というミッションを掲げる有志団体です。私たちは日頃から営業職の面白さを発信していますが、一般的にはまだまだ営業職のイメージはあまりよくありません。しかし営業職は幅広いスキルが身に付く面白い職種であり、そのチカラを磨けば磨くほど人間力も磨かれる、そんな唯一無二の職種だと考えています。今回の決勝大会プレゼンのテーマは『オンライン商談』。4名の発表には、営業に必要な全ての要素が網羅されていると思います。楽しみながら、いろいろな気付きを得てください」(釣田氏)

「オンライン商談」というウィズコロナ時代にも即したテーマにて、プレゼンター4名は持ち時間「5分」の中で商談のTipsやノウハウを発表した。いったいどんな発表が行われたのか、登場順に見ていきたい。

Sponsored by WingArc1st

無料ホワイトペーパープレゼント|営業組織×データの良い関係のための教科書

足立賢信氏「明日から使える!オンライン商談で生産性を飛躍的に高める方法」 >>

1 2 3 4 5 6

「テクノロジー」ランキング

「ライフ」ランキング

人気のカテゴリ