Share!

MotionBoard Cloudユーザーの皆様、こんにちは!

今回は、チャートの共有についてご紹介します。

MotionBoardのライセンスはマネージャーしか持っていないけれど、チャートを部署内に共有したい!ということはありませんか?

そんなときに有効なのが、ダウンロード機能とチャート配信機能です。

ダウンロード機能とチャート配信機能

図版2-1

MotionBoardでは、チャートをPNG形式、CSV形式、EXCEL形式、PDF形式、MHT形式、SWF形式のいずれかでダウンロードできます。

MotionBoardの特徴的なダウンロード形式が、「オフラインチャート」、別名「動くPDF」です。

オフラインチャートとしてダウンロードすると、MotionBoardの画面を閲覧しなくとも、また、ネットへの接続もしない状態で、PDF上でチャートの形を変更したり、チャートを分割したり、項目を絞ったりすることができます。

例えばこのファイルを事業部内に共有すれば、受け取った営業マンそれぞれが、自分の担当する商品や期間に絞ってデータを閲覧したり、グラフから集計表に表現を変えてより詳細に数値を把握したりすることが可能になります。

オフラインチャートの閲覧には、もちろんライセンスは必要ありません。

グラフで表示

図版2-2

集計表で表示

図版2-3

また、MotionBoardはスケジューラを持っているので、ダウンロードしたファイルを、自動でメール配信したり、Chatterで配信をしたりすることができます。

さらに、チャートだけでなくダッシュボード画面全体を、PDFで配信することもできます。

上手く活用して社内のデータ共有に役立ててみてください!

合わせて読みたい:ビジネスパーソンのための「情活講座」の他のトピックス


・第一回:

ビジネスパーソンのための「情活講座」:売り上げアップに欠かせないRFM分析とは?

・第二回:

ビジネスパーソンのための「情活講座」: チャートのダウンロードと自動配信

・第三回:

ビジネスパーソンのための「情活講座」:案件管理チャートについて

・第四回:

ビジネスパーソンのための「情活講座」:地図を活用した効率的なフィールドセールス

・第五回:

ビジネスパーソンのための「情活講座」:予実管理ダッシュボードの簡単な作り方

[著]Wingarc1st Official The BLOG編集部

本記事はウイングアーク1st株式会社の運営するThe BLOGに掲載された記事を許可を得て掲載しています。

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「TheBlogArchive」ランキング

まだデータがありません。

人気のカテゴリ