チェンジマネジメント(Change Management)とは?意味や具体的なフレームワークを解説 | データで越境者に寄り添うメディア データのじかん
会員ページへmember

About us データのじかんとは?

チェンジマネジメント(Change Management)とは?意味や具体的なフレームワークを解説

急速な社会変化の中で、企業には柔軟で迅速な変革が求められています。チェンジマネジメントは、組織内の変革を計画的かつ効果的に進め、競争力を維持するための重要な手法です。本記事では、8つのアクセラレータ、ADKARモデルなど4つの主要フレームワークを解説し、変革の成功に不可欠な要素を探ります。

         

新型コロナウイルス感染症の流行に伴うワークライフスタイルの変化や、AI技術の台頭など、社会は数年単位で急速に変化しつつあります。それに伴い、技術の進歩、市場の変動、顧客の期待の変化など、日々、様々な要因が企業に対して変化を求めています。

一方で組織の中で安定した状態から変革を生み出すのはなかなか難しいもの。そうした中で、企業として価値あるアウトプットをし続けるために重要となるキーワードの一つが「チェンジマネジメント」です。

チェンジマネジメントの意味とは?組織や企業の変革を計画・実行するための戦略的なアプローチ

チェンジマネジメントの意味とは?組織や企業の変革を計画・実行するための戦略的なアプローチ

チェンジマネジメントは、組織や企業における変革を計画し、実行するための戦略的なアプローチです。組織内のプロセス、システム、文化、人々の振る舞いなどの要素を変えることによって、組織が目標を達成し、持続的な競争力を確保できるようサポートします。チェンジマネジメントの目的は、組織内の変革を効果的に推進し、成功させることです。

しかし、組織内の変革は困難なプロセスであり、多くの組織において、チームメンバーや経営層からの抵抗や変革の不確実性などさまざまな懸念事項が進行を阻みます

そこで、変革期においては、変革のビジョンと目標を明確に設定すること、そしてそれを実現し推進するリーダーシップを持つ存在が欠かせません

また、変革に関与するステークホルダーとのコミュニケーションを重視し、彼らの理解と協力を得ることも非常に重要です。

チェンジマネジメントの主要な要素とは

チェンジマネジメントの主要な要素とは

チェンジマネジメントにおける、基本的な要素として以下のようなものが挙げられます。

・ビジョンと目標の設定
・プロジェクト計画や戦略の策定
・リーダーシップとコミュニケーションの重要性
・変革の推進とフォローアップ

しかし、そのフレームワークや手法は多様です。そのため、組織の特性や変革の規模に応じて適切なものを選択することが必要です。

チェンジマネジメントの主要なフレームワーク4選

チェンジマネジメントの主要なフレームワーク4選

チェンジマネジメントの主要なフレームワークとして、以下の4つが挙げられます。

(1)8つのアクセラレータ

チェンジマネジメントというキーワードとともに頻出するのがコッターの8段階モデルです。

コッターのフレームワークが広く使われる中、要素をブラッシュアップすることで生まれたのが、このフレームワークです。ネットワーク型の組織内の変革を推進するために以下のような8つのステップで進めることを提案しています。

1. 危機感を生み出す

メンバーに大きなチャンスがあることを提示し、チャンスを逃さず、いち早く掴まなければならないという危機感を作り出します

さらに変革のリーダーは他のメンバーの理論や感情に訴えかけるようなやり方でチャンスを伝えて、協力してくれるボランティアのメンバーを巻き込みます。

2. 変革主導チームを築く

1.により、危機意識が高まった状態で、幅広いスキルを持った人材を集めて、変革主導チームを構築します。このチームは全員が対等な関係で、参加者にはリーダーシップを発揮したいという指向があり、戦略ネットワーク組織の各チームで中心的な役割を担います。

3. 戦略ビジョンと変革施策を策定する

変革主導チームはチャンスを活かすための戦略ビジョンを策定し、それを実現するための活動を定義します。

4. ボランティアの数を増やす

ビジョンと戦略を社内に伝えて賛同を得、ボランティアの数を増やします。大規模な変革は、多くの社員がビジョンに共感し、同じ方向に向かうことで初めて実現します。

5. 障害を取り除き、行動を可能にする

非効率的なプロセスや古い規範などのアイディアを実現するための障害を取り除き実行します。

6. 短期的な成功を創造する

成果を上げ、それが社内に伝えられ、祝福されることで、変化の勢いは増します。

例え小さな成果でも、その数が多ければ多いほど、また短期間で積み重なるほどボランティア部隊は活気づき、より一層多くの社員を巻き込むことができます。成功が成功を生みだすのです。

7. 加速を維持する

決して気を緩めず、経験から学び、切迫感を駆り立て続け、ビジョンが現実のものとなるまで、絶え間なく変化を起こし続けます。

8. 変化を組織内に定着化させる

変化を日々の活動に組み込み、新しい指針や手法を組織に定着させます。

(2)ADKARモデル

ADKARは、Awareness(認識)Desire(意欲)Knowledge(知識)Ability(能力)Reinforcement(強化)の頭文字を取ったもので、個人の変革に焦点を当てています。このモデルは、変革を受け入れ、実践するために個人が必要とする要素を示しています。

(3)レヴィンの変革モデル

レヴィンの変革モデルは、変革を実現するための3つのシンプルな段階で構成されています。第1段階は、「解凍」と呼ばれ、既存の状態を変えるために必要な準備を行います。第2段階は、「変革・移動」と呼ばれ、新しいアイデアや方法を導入し、変革を実施します。第3段階では、「再凍結」と呼ばれ、変革を確立し、維持するための手段を講じます。

(4)マッキンゼーの7S

このフレームワークでは、組織内の7つの要素(戦略、機構、システム、スタッフ、経営スキル、経営スタイル、上位価値)が相互に連携していることを強調しています。変革が成功するためには、これらの要素が調和している必要があります。

おわりに

現代社会は急速な変化の中にあり、企業にとっても様々な課題が日々浮かび上がっています。新型コロナウイルス感染症の流行やAI技術の進展など、外部環境の変化がワークライフスタイルに大きな影響を与え、これに伴い企業も柔軟で迅速な変革が求められています。

組織内での変革を計画的かつ効果的に進め、企業が将来にわたり競争力を維持できるようサポートするチェンジマネジメントの手法は、リーダーシップとコミュニケーションの強化を通じて、変革を成功に導く重要な鍵となっています。

この記事では、様々なチェンジマネジメントのフレームワークに焦点を当て、組織の変革において不可欠な要素を探求してきました。ビジョンと目標の設定、リーダーシップの発揮、コミュニケーションの重要性など、これらが組み合わさることで、組織が変革を成功に導くことができるのです。

変革は容易ではなく、抵抗や不確実性がついて回りますが、それを乗り越えて新たなビジョンを実現することが、持続的な成長につながります。これからますます厳しい状況が予想される中、柔軟性を持ち、変化を受け入れる力が企業にとって不可欠です。チェンジマネジメントを通じて、未知の未来に向けてしっかりと歩を進めていきましょう。

(大藤ヨシヲ)

 

参照元

・コッターの変革の8段階のプロセスは古い?!今の時代のチェンジマネジメントプロセスとは

・マッキンゼーの7Sとは何か?図でわかりやすくフレームワークを詳解 |ビジネス+IT

メルマガ登録

メルマガ登録をしていただくと、記事やイベントなどの最新情報をお届けいたします。


データ活用 Data utilization テクノロジー technology 社会 society ビジネス business ライフ life 特集 Special feature

関連記事Related article

書評記事Book-review

データのじかん公式InstagramInstagram

データのじかん公式Instagram

30秒で理解!インフォグラフィックや動画で解説!フォローして『1日1記事』インプットしよう!

おすすめ記事Recommended articles

データのじかん会員なら、
全てのコンテンツが
見放題・ダウンロードし放題
 

 データのじかんメール会員でできること

  • 会員限定資料がすべてダウンロードできる
  • セミナー開催を優先告知
  • 厳選情報をメルマガで確認
 
データのじかん会員について詳しく知りたい方
close close