Share!

「ちょっとこのデータを入力しておいてくれる?」

「キャンペーン施策の結果を分析したら、予想とまったく違う結果が出たよ。データが間違っているのかなあ」—— 等々、私たちは普段の仕事で何気なく“データ”という言葉を使います。

さて、この「データ」という単語について、みなさんは意味をご存じでしょうか?

辞書によるデータの定義

『大日本百科事典』(小学館, 1980)は、データという言葉を次のように定義しています。

データ(data) : データム(datum)の複数形で、「論拠・基礎資料、実験や観察などによって得られた事実や科学的数値」などを意味する。「与える」意のラテン語ダーレ(dare)の受身形からでたもの。

近年はデータというと「数字」や「コンピュータが処理するもの」と捉えられがちですが、もともとは「客観的で再現性のある事実や数値」であり、必ずしも数字やコンピュータ分野の専門用語というわけではなかったようです。もともとラテン語のdare自体が「与える」という意味であり、「事実や知恵を与える・共有する」という意図も含んでいると考えられます。

ISOによるデータの定義

ちなみに、国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)と日本工業規格(Japanese Industrial Standards:JIS)ではデータを次のように定義しています。

国際標準化機構の「ISO/IEC 2382-1」および日本工業規格の「X0001 情報処理用語-基本用語」において、「データ」の用語定義は “A reinterpretable representation of information in a formalized manner suitable for communication, interpretation, or processing.”「情報の表現であって、伝達、解釈または処理に適するように形式化され、再度情報として解釈できるもの」とされている。
(日本版Wikipedia「データ」より転載)

この定義に則って考えると、コンピュータのデータは、「コンピュータを使って伝達、解釈または処理に適するように形式化されたもの」といえます。文字データであれば「.txt」、画像であれば「.jpg」などそれぞれに適したフォーマットがあり、それぞれのフォーマットに適したソフトウェアでデータを読み込めば、情報として解釈(再現)できます。

データサイエンティストになると、コンピュータを使って膨大なデータを処理し、意味ある情報を“発見”することが求められます。さすが、データのプロフェッショナルですね。

活発化するデータ活用

そんなデータですが、いわゆる「コンピュータで扱う電子データ」の活用が盛んになってきたのは最近のことです。

企業の基幹システム改革が進められるようになった1990年代後半からあらゆる企業活動のデータが蓄積されるようになりました。そして2000年以降に入ると、今度は日常生活においてもインターネットが浸透し始め、ネットを介したモノやサービスの流通が始まるようになります。また、2008年に登場したスマートフォンの登場により、普段の生活も流通するデータ量も劇的に変化しました。

いまも世界のどこかにいる誰かが自分のつぶやきや画像、位置情報などを発信し続けているでしょう。有史以来初めて、かつてないほどのデータに取り囲まれながら、私たちの生活やビジネスはこれからも変化し続けるのです。

【参考文献】
『大日本百科事典』(小学館, 1980)

(岩崎史絵)

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

人気のカテゴリ