kpiorkgi

Share!

Share!

KPIとKGIの違い

KPIとはKey Performance Indicatorの略称で、重要業績評価指標と訳されています。
それに対して、KGIKey Goal Indicatorの略で、重要目標達成指標となります。
 前者は目標を達成するプロセスについての「業績評価」指標であり、後者は「目標達成」そのものについての計測指標です。KPIとKGIの関係を企業経営についてのテーマで説明します。企業経営における事業目標レベルを全体性の高いものから、「戦略」「戦術」とします。「戦術」は個別案件などに関係します。KPIとKGIで比較すると、企業が「戦略」目標として定めたものの達成度をKGIで評価し、その戦略目標達成に至るまでの「戦術」レベルでの目標達成度をKPIで評価します。いわば、KGIはKPIの前提とも言えるでしょう

KPIの意義とは?

KPIの「Key Performance」とは、「主要かつ重要な業績」のことであり、KPIを設定することにより現在の業務状態を定量的に把握することが可能になります。KPIは特に、ITILに見られるようなナレッジベースのマネジメントプロセスでの業績評価に用いられます。この分野はサービスレベルなど定性的な情報を扱うのですが、KPIはそれらを分析に利用できる形の定量データで表現します。KPIの活用範囲は広く、さまざまな領域で適用可能です。例えば、全国の自治体では地方創生のための総合戦略の作成が進んでいますが、そのマネジメントにKPIを設定し、PDCAサイクルを回す手法が推奨されています。KPIの設定と達成は、KGI達成の条件になるものですが、KPIの設定方法や設定数にはポイントがあります。KPIが多すぎる場合は、Key となるクライテリア(基準)が絞り込まれていないことが考えられ、リソースが分散して結果に結びつきにくくなります。また、KPIが一つしかない場合は、課題分析が不十分なことが多く、そうなるとKPIの達成がKGIの達成に結びつかなくなります。

KPIの見える化

KPIが戦術レベルの事象を評価する指標であるということは、戦略レベルのKGIより具体的なものになることを意味します。つまり、KPIで扱う事象は特定の課題が与えられた少数のグループにかかわるものであり、かつ評価期間がより短いものになります。例えば、最小単位のグループについて、日ごと、週ごと、月ごとなどの短期で計測可能な具体的な目標を設定します。設定されたKPIから、さらにアクションまで落とし込み、そのアクションの影響をグループ内で常に確認し、作業の進捗状況に反映させる必要があります。そのため、KPIは、グループメンバーの目につきやすい場所に掲示するなど「見える化」して、目標と現状を共有することが有効です。