エクセルの活用と脱却とその先の超エクセルーその違いと注目される理由を解説 | ページ 2 | データで越境者に寄り添うメディア データのじかん
会員ページへmember

About us データのじかんとは?

エクセルの活用と脱却とその先の超エクセルーその違いと注目される理由を解説

時代遅れ?それとも捨てたもんじゃない!?エクセルの真の機能とは?「脱エクセル」の背景と「超エクセル」を目指す理由を詳しく解説します。

         

なぜBIツールを活用した「超エクセル」が企業にとって重量なのか?「超エクセル」を目指す理由

データの収集や分析による負担を軽くしたいと多くの企業が最近では考えています。

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)はまさにそのような企業にとって救世主となりえるツールです。BIツールは、エクセルよりも多くのデータの分析を高速で行うことができ、複数のレポートをまとめて作成することも可能です。また、エクセルファイルとの連携も可能なので、既存のデータをそのまま使うことができることも大きな特徴となっています。

無数のエクセルシートが存在している場合、断片的なデータは集計できますが、よりマクロ的な視点での情報分析は難しいのが現状です。統合すれば重要な戦略情報になるはずのデータであってもほとんどの場合、関連性が不明なまま放置されてしまいます。

BIツールを活用し、点在するデータをクラウド上で統合させ、エクセルに依存した業務フローから脱出するのは、時代の流れを上手に汲んだまさに「超エクセル」と呼べるでしょう。複数人が作成した断片的なデータを取り込み、関係が予測される項目を関連付け、その分析結果を見える化して確認することも可能です。これまで最終形として扱われていたエクセルデータを素材として扱い、人の感覚だけではなかなか紐解くことができない様々なデータの関連性を発見することはまさにBIツールが得意とすることです。

データを「早く、分かりやすく、正確に」取り扱うこと、つまりデータドリブン経営を実現することをBIツールは目指しているのです。

収集したデータや情報をいかに活用していくのかは年々重要視されるようになっており、情報の活用方法が企業の運命を左右することも十分に考えられます。そんな時代に「超エクセル」は必須となっていくでしょう。実際に多くの企業がBIツールによって業務の効率化や売り上げの向上に成功しています。

エクセルでの数値管理や業務管理に行き詰まりを感じたなら、BIツールの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

(データのじかん編集部)

 
エクセルの活用と脱却〜脱エクセルが叫ばれる理由とは?必要とされている理由と「超エクセル」

1 2

メルマガ登録

メルマガ登録をしていただくと、記事やイベントなどの最新情報をお届けいたします。


データ活用 Data utilization テクノロジー technology 社会 society ビジネス business ライフ life 特集 Special feature

関連記事Related article

書評記事Book-review

データのじかん公式InstagramInstagram

データのじかん公式Instagram

30秒で理解!インフォグラフィックや動画で解説!フォローして『1日1記事』インプットしよう!

おすすめ記事Recommended articles

データのじかん会員なら、
全てのコンテンツが
見放題・ダウンロードし放題
 

 データのじかんメール会員でできること

  • 会員限定資料がすべてダウンロードできる
  • セミナー開催を優先告知
  • 厳選情報をメルマガで確認
 
データのじかん会員について詳しく知りたい方
close close