Share!

なぜBIツールを活用した「超エクセル」が企業にとって重量なのか?

データの収集や分析による負担を軽くしたいと多くの企業が最近では考えています。

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)はまさにそのような企業にとって救世主となりえるツールです。BIツールは、エクセルよりも多くのデータの分析を高速で行うことができ、複数のレポートをまとめて作成することも可能です。また、エクセルファイルとの連携も可能なので、既存のデータをそのまま使うことができることも大きな特徴となっています。

無数のエクセルシートが存在している場合、断片的なデータは集計できますが、よりマクロ的な視点での情報分析は難しいのが現状です。統合すれば重要な戦略情報になるはずのデータであってもほとんどの場合、関連性が不明なまま放置されてしまいます。

BIツールを活用し、点在するデータをクラウド上で統合させ、エクセルに依存した業務フローから脱出するのは、時代の流れを上手に汲んだまさに「超エクセル」と呼べるでしょう。複数人が作成した断片的なデータを取り込み、関係が予測される項目を関連付け、その分析結果を見える化して確認することも可能です。これまで最終形として扱われていたエクセルデータを素材として扱い、人の感覚だけではなかなか紐解くことができない様々なデータの関連性を発見することはまさにBIツールが得意とすることです。

データを「早く、分かりやすく、正確に」取り扱うことをBIツールは目指しているのです。

収集したデータや情報をいかに活用していくのかは年々重要視されるようになっており、情報の活用方法が企業の運命を左右することも十分に考えられます。そんな時代に「超エクセル」は必須となっていくでしょう。実際に多くの企業がBIツールによって業務の効率化や売り上げの向上に成功しています。

エクセルでの数値管理や業務管理に行き詰まりを感じたなら、BIツールの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

(データのじかん編集部)

1 2

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

この記事を読んだあなたにおすすめのタグ

「ビジネス」ランキング

人気のカテゴリ